So-net無料ブログ作成

麺屋 我馬(がば) 三篠本店@広島県広島市西区 ☆☆ [広島県広島市西区]

2019_08_21_01.JPG
店外

2019_08_21_02.JPG
メニュー

2019_08_21_03.JPG
メニュー

2019_08_21_04.JPG
赤うま・こく味

2019_08_21_05.JPG
白うま・あっさり味

所用で妻と広島市に行きました。
せっかくなのでラーメンです。
未訪の「麺屋元就」を目指すも、「従業員の熱中症対策のため、8月は閉店」の貼り紙がありました。
残念。
どうするか。
未訪の「麺屋 我馬 三篠本店」に進路変更です。
「我馬」には何度か行っていますが、本店は初めてです。
やはり、一度は本店でいただかないといけません。
店の前の駐車場は狭いです。
というより、昨今の車が無駄に大きすぎです。
さすがに本店です。
接客等がテキパキしています。
赤うまと白うまを注文しました。
まさにリトル「一風堂」です。
なるほど。
しかし、「大名本店」でいただいたような感動はありません。
こうしたラーメンが増えているからでしょうか。
舌が肥えましたか。
私の偏見です。
広島にも「一風堂」があります。
しかし、福岡に「我馬」はありません。
力関係もあるでしょうが、こうした節操が好きです。
仮に広島で「我馬」と「一風堂」が並んでいれば、私は躊躇(ちゅうちょ)することなく「我馬」に入店です。
広島では、やはり「我馬」です。

広島に「一風堂」の風を運んできた「我馬」の功績は大きいと思います。

住所:広島県広島市西区三篠町三丁目22-4(Googleマップ
電話:082-230-8141
営業時間:午前11時~午前2時
定休日:火曜
メニュー:赤うま・こく味(780円)、白うま・あっさり味(680円)

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺's太平楽@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2019_08_18_01.JPG
店外

2019_08_18_02.JPG
メニュー

2019_08_18_03.JPG
メニュー

2019_08_18_04.JPG
中華そば

妻と下関市の「麺's太平楽」にお伺いをしました。
昨年の5月に、新下(しんしも)と呼ばれる地域にオープンしました。
「太平楽グループ」といえば下関市の老舗店で、同店のオーナーは「本店」の妹さんだそうです。
中華そばを注文しました。
醤油スープはほのかな甘辛さを感じます。
麺はそうめんのように細いストレートです。
中華料理店に端を発した、優しいラーメンです。
昨今の新規店のように、あれもこれもがありません。
シンプルなラーメンは絶品です。
美味しい。
しかし、「麺's」と謳(うた)うのであれば、ラーメン専門店であってもよかったと思います。
山の田らーめん」が移転をされて、益々繁盛しています。
特別なラーメンとは感じませんが、やはり、駐車場の確保が大きいと思います。
当然、長年の看板もあります。
私は、「太平楽」の看板は「山の田らーめん」に負けていないと思います。
もったいない。
無責任に書きます。

豚骨ラーメンの多い下関市で、「太平楽」の醤油ラーメンは光ります。

住所:山口県下関市一の宮町三丁目1-1 西本ビル 1F(Googleマップ
電話:083-277-0114
営業時間:
定休日:
メニュー:中華そば(500円)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

麺屋 WARAGOYA@山口県周南市 ☆☆ [山口県周南市]

2019_08_14_01.JPG
店外

2019_08_14_02.JPG
メニュー

2019_08_14_03.JPG
牛鶏ラーメン

2019_08_14_04.JPG
白河ラーメン・元味

山口県内、新規店が増えているのは気のせいでしょうか…?
なかなか追い付いていません…。
妻と周南市の「麺屋 WARAGOYA」にお伺いをしました。
牛鶏ラーメン(牛骨ではありません)と白河ラーメンの大きな看板が目を引きます。
しかし、牛鶏ラーメンと白河ラーメンとは大変です。
店内は広いのでストレスフリーです。
牛鶏ラーメンと白河ラーメン・元味を注文しました。
まずは牛鶏ラーメン。
スープは牛骨醤油で、甘さは控えめです。
ストレートの中細麺はぼそぼそとしています。
下松牛骨醤油ラーメンの定石を踏んでいます。
一方の白河ラーメン・元味。
私は白河ラーメンが何たるかを知りません。
」の初代の店主が「とら食堂」の出身なので、「白河ラーメン」=「侍(初代)」と勝手に思っています。
そう言った点で、醤油スープにぴろぴろの平打ち麵は「侍」をオマージュしたような雰囲気です。
種類の違う(麺も)ラーメンを提供されるとは大変です。
情熱に頭が下がります。
どちらも美味しかったです。
次回はいりこラーメンです。
正直、まだまだ感は否めません。
どれもが中程度で終わってしまわなければ、と懸念します。
お弁当の配達もされていらっしゃるようです。
こちらも頭が下がります。
牛鶏ラーメンと白河ラーメンの大きな看板がどう映りますか。

ハイレベルなラーメンになって欲しいです。

住所:山口県周南市大字徳山4110 河野ビル 1F(Googleマップ
電話:0834-32-7503
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後8時
定休日:
メニュー:牛鶏ラーメン(700円)、白河ラーメン・元味(700円)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

らーめん 両さん.@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2019_08_13_01.JPG
店外

2019_08_13_02.JPG
メニュー

2019_08_13_03.JPG
らーめん・並

らーめん 両さん.」リターンズ。
広島市に移転をされた「らーめん両さん.」が、以前あった場所に戻ってきました。
某日のこと、廿日市で仕事を終え、未訪の「味専」に行ってみました。
しかし、「しばらく休業」の貼り紙がありました。
残念。
ノープランで山口に戻ります。
ラーメンショップ 大野店」が閉店していました。
驚きました。
未訪の「焼き肉屋さんのラーメン食堂 寅」は車が多かったのでパス。
ごはんや」に入店するも店内がパニック状態で、しかもメニューはどこかで見たことがありました。
よって、退店。
流れながれて「らーめん 両さん.」にお伺いしました。
私もリターンズです。
基本のラーメンを注文です。
スープは醤油ダレの強い、粘度のある醤油豚骨です。
以前にも増して、醤油感が強くなっています。
中細麺も腰がまあまあで、スープのじゃまをしません。
量もまあまあで、少食の私にとってはありがたいです。
当然、好きずきはあるでしょう。
進化と変化を繰り返すので、当たり外れがあるかもしれません。
しかし、志(こころざし)を感じます。
スープを飲んだ瞬間、いえ、入店した瞬間からです。
女将さんももちろん、大将ののわざとらしくない愛想もいいです。
こうしたラーメンをいただくと、チェーン店で安く、お腹が満たされればいいと言う人々が少し残念に思えます。
それ自体を否定するつもりはありません。
しかし、人生は一度です。
店主が美味しいものを求める試行錯誤を味わって欲しいです。
それが我々の血となり肉となります。
同店の一杯に、そんなことを考えました。

「『らーめん 両さん.』リターンズ」にエールです。

住所:山口県岩国市麻里布町三丁目1-6(Googleマップ
電話:0827-22-7020
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後11時(土曜、日曜、祝日はお昼のみ)
定休日:木曜
メニュー:らーめん・並(680円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新規店情報@山口県山口市 [その他]

2019_08_12_01.JPG
貼り紙

湯田温泉湯けむり横丁」にラーメン店がオープンするようです。
二郎系なので、少食の私には縁がないかもしれませんが…(汗)。

住所:山口県山口市湯田温泉三丁目7-8(Googleマップ
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

明己悟(あみーご)@山口県萩市 ☆ [山口県萩市]

2019_08_08_01.JPG
店外

2019_08_08_02.JPG
メニュー

2019_08_08_03.JPG
メニュー

2019_08_08_04.JPG
メニュー

2019_08_08_05.JPG
とんこつラーメン

ネットをうろうろしていると気になるラーメンに出会います。
そうした場合、宿題店入りをするのですが、私はスマホを持たないのでレスポンスが悪いです。
そうした宿題店のひとつであった「明己悟」に行ってみました。
萩市の歓楽街にあります。
同店はスナック?、ラウンジ?で、夜は酒で昼に食事、という二毛作店です。
店内はカウンター席とボックス席とがあり、結構、広いです。
しかも、スポット照明なので暗いです。
夜の雰囲気そのままです。
秘密結社、もしくはフリーメーソンの集会所のようです。
驚くことにお客が多いです。
平日にも関わらず、その多さは尋常ではありません。
カウンター席でとんこつラーメンを待ちました。
しかも30分です。
お客が多いので仕方がありません。
30分、待ちました。
スープはうまかっちゃん、麺はカトキチ、と評される仕様です。
当然で納得です。
ところで、退店をした後も若い方が入っていかれました。
値段の安さが話題になっているのでしょうか。
それとも、場所がらと怪しさでしょうか。
ネットの影響もあるでしょう。
そう言う私もネットで知りました。
いずれにせよ、アグレッシブな姿にお客が集まっています。
いいことです。
しかし、夜に昼に大変です。
くれぐれも健康には気を付けて欲しいと思います。

萩市の昼のアミューズメントパークして人気のようです。

住所:山口県萩市大字上五間町33(Googleマップ
電話:0838-22-0777
営業時間:午前11時~午後2時、午後7時~
定休日:
メニュー:とんこつラーメン(250円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメンショップ 船木店@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2019_08_03_01.JPG
店外

2019_08_03_02.JPG
メニュー

2019_08_03_03.JPG
ラーメン

ちょうど昼どきもあって、「ラーメンショップ 船木店」にお伺いをしました。
たまにはジャンクなラーメンもいいかなあ、という想いも重なりました。
同店は初めての訪問です。
基本のラーメンをお願いしました。
改めて触覚を研ぎ澄ましてみるに、スープは薄い豚骨です。
獣臭もほとんどしません。
しかし、豆板醤を入れると全く別のスープに変わります。
この日はにんにくは入れませんでしたが、これが加わるとさらにパワーアップします。
ネギラーメンが売りなので、当然ねぎもあるでしょう。
豆板醤、にんにく、のり、コショー、ねぎ等々のあれやこれやの受け入れを前提に、ベースを薄くしているとなれば凄いです。
中細ストレートくたくた麺も、食べごたえ感があります。
ジャンクです。
このジャンクさがすべて計算されたものであれば、ラーメンショップ恐るべしです。
たぶん、計算されていないでしょう。
計算されていないからこそジャンクさが真実で、それが共感を呼ぶのだと思います。
エセジャンクは見抜かれます。
「船木店」ではおこなっていませんが、ラーメンショップは金曜に割安になるサービスがあります。
お店には申し訳ないのですが、せっかくなので、これを利用する手はありません。
「ラーメンショップではネギラーメン。これにコシューは当然、豆板醤、にんにく。できれば金曜」。
これこそがラーメンショップの神髄です。
スーパーフライデイです。
基本のラーメンをいただいて感じました。
そう言えば豆板醤が置いてなかったり、にんにくは何杯まで、というセコイ店がありました。
ダメです。
ガッツリといってこそ、ラーメンショップです。
そうそう、同店の愛想の良さもスープに入っていました。

これこそが一番ジャンクでした。

住所:山口県宇部市船木2658-1(Googleマップ
電話:0836-67-0807
営業時間:午前9時半~午後7時(土曜、祝日は午後2時まで)
定休日:日曜
メニュー:ラーメン(620円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理