So-net無料ブログ作成

九州ラーメン 十一(といち)@山口県周南市 ☆ [山口県周南市]

2019_09_28_01.JPG
外観

2019_09_28_02.JPG
メニュー

2019_09_28_03.JPG
とんこつラーメン

周南市で仕事を終えたのが午後7時。
せっかくなので、夜専門の「九州ラーメン 十一」に行ってみました。
旧徳山市の歓楽街にあります。
金曜の夜なのですが、人通りが少ないです。
若い人が酒を飲まなくなりました。
入店をして、正面のカウンター席に座ろうとすると、横のカウンター席に座るよう促されました。
不愛想です。
ちなみに先客はいらっしゃいません。
デフォルトのとんこつラーメンを注文しました。
配膳されたので先にお代を支払おうとすると、断られました。
不愛想です。
まあ、これは段取りがあるから仕方がありません。
豚骨スープは、豚の味がするもスカスカです。
コクがありません。
中細麺はストレートで、腰が強くポキポキです。
よって、スープと麺のバランスが取れていません。
麺が強く主張します。
締めのラーメンとして、意図的に薄くしているのかもしれません。
いずれにせよ、その辺りの試行錯誤は感じられません。
食べ終わるころも客はいらっしゃいません。
結局、私の貸し切りでした。
酒を飲んだ方の締めのラーメン用なので、今からこれからなのでしょう。
仕事の帰りなので当然、素面(しらふ)で退店をしました。
残念ながら、最初から最後まで不愛想でした。
一時が万事。
ラーメンも不愛想で、雰囲気も含めて美味しく感じませんでした。

まあ、酔っ払いが相手であれば、愛想は必要がないのかもしれません。

住所:山口県周南市昭和通り一丁目24(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:とんこつラーメン(680円)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

三代目YUTAKA@山口県宇部市 ☆☆☆ [山口県宇部市]

2019_09_23_01.JPG
外観

2019_09_23_02.JPG
説明

2019_09_23_03.JPG
メニュー

2019_09_23_04.JPG
煮干しSoba

2019_09_23_05.JPG
鶏醤油Soba

妻と「気軽な中華屋さん 火ノ丸」に行きました。
しかし開く様子がなく、予定変更で「三代目YUTAKA」へ。
しかし「YUTAKA」も増えました。
何代目まであるのでしょうか。
さて、煮干しSobaと鶏醤油Sobaを注文しました。
明るい接客ときれいな店内に、ストレスフリーです。
まずは煮干しSoba。
煮干しの香りがプンプンします。
エッジの効いた中細の自家製麺はプリプリします。
続いて鶏醤油Soba。
泡立ったスープは、とろっとして濃厚です。
豚骨の臭いが苦手でだけど濃厚なスープが好き。
そうした人にお勧めです。
麺は煮干しSobaと同じです。
久し振りにお伺いをしましたが、やはり美味しかったです。
宇部市は濃厚豚骨「宇部ラーメン」のお膝元。
そうした中で、非豚骨ラーメンとして、異彩を放っています。
素晴らしいです。
ちなみに喉は渇きませんでした。

濃厚鶏白湯ラーメン店としての存在感は十分です。

住所:山口県宇部市常盤町一丁目2-5 工藤ビル 1F(Googleマップ
電話:0836-39-8806
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:
メニュー:煮干しSoba(750円)、鶏醤油Soba(750円)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

焼き肉屋さんのラーメン食堂 寅@広島県大竹市 ☆☆ [広島県大竹市]

2019_09_22_01.JPG
外観

2019_09_22_02.JPG
メニュー

2019_09_22_03.JPG
寅ラーメン

広島市からの帰り、大竹市の「焼き肉屋さんのラーメン食堂 寅」にお伺いをしました。
屋号には「焼肉屋さんの…」とありますが、同店は焼肉屋ではありません。
メニューには「焼き肉屋が作った…」とありますが、同店は焼肉屋ではありません。
お客のイメージを搔き立てます。
その焼肉屋は、どうなっているのでしょうか。
耳障りのいいフレーズですが、本質が見えません。
まさしく、小泉新次郎です。
基本の寅ラーメンを注文しました。
しかし、ラーメン、つけ麺、汁なし坦々麺等と多くのメニューがあり大変です。
その寅ラーメン、甘辛い醤油スープです。
山口県の「下松牛骨醤油ラーメン」に似ています。
油の層が表面を覆っています。
すき焼き風のスープが焼肉屋さんのラーメンになるようです。
中細ストレート麺は腰が強いです。
本場の下松牛骨醤油をいただいている身としては、テクニックを感じます。
なるほど、上手に作ってあります。
岩国市まで戻ると、「中華そば つるのまい」が閉店をしていました。
残念です。
優しい牛骨醤油で、私は好きでした。
しかし、インパクトに欠けていたからでしょうか、大衆にはうけなかったようです。
これがバチバチのすき焼き風であれば、少しは違っていたでしょうか。
ラーメンは難しいです。

「焼き肉屋さんのラーメン食堂 寅」の繁盛ぶりを見ると、複雑な気持ちになりました。

住所:広島県大竹市北栄5-3(Googleマップ
電話:0827-53-2517
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後9時半
定休日:火曜
メニュー:寅ラーメン(650円)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ばり馬 山口湯田店@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2019_09_20_01.JPG
外観

2019_09_20_02.JPG
メニュー

2019_09_20_03.JPG
メニュー

2019_09_20_04.JPG
メニュー

2019_09_20_05.JPG
ばり馬

諸事情で体調を整えました。
日頃も体調はいいのですが、更に整えました。
せっかくなので、地元「ばり馬 山口湯田店」にお伺いです。
過去に何度かお伺いをしています。
しかし、胃袋が疲れていたためにラーメンの判断が曇っていました。
健康体で入店、基本のばり馬を注文しました。
しかしこのメニュー、疲れているときはくどく感じますが、元気なときは食欲がでてきます。
さて、スープは当然、濃厚豚骨醤油です。
決して油感は強くないのですが、胃壁にべったりと絡みつきます。
スープをまとった中細ストレート麺も、同様に絡みつきます。
なるほど、これが「ばり馬」のいう最強濃厚ですか。
胃壁を元気にしておかないと、濃厚さに負けてしまいます。
反対に胃壁が元気であれば、濃厚さを楽しむことができます。
まさしく、ラーメンと胃壁との格闘です。
きっと、大量の胃酸が分泌されるでしょう。
しかし、「天下一品」ほどではないにしろ、この濃厚さにハマる人は多いかもしれません。
「ばり馬」って意外といけます。
今ごろ、そう感じました。

いずれにせよ、体調に左右されるラーメンです。

住所:山口県山口市葵二丁目1-10(Googleマップ
電話:083-941-5525
営業時間:午前11時~午前1時
定休日:
メニュー:ばり馬(650円)
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

いちのに@山口県下関市 ☆☆☆ [山口県下関市]

2019_09_16_01.JPG
外観

2019_09_16_02.JPG
メニュー

2019_09_16_03.JPG
ラーメン

「『いちのに』という屋号は、あの『いち』の2号店ですか…?」
客がお店の方に問われます。
しかも、2組も。
やはり、あの『いち』の2号店だそうです。
決して「いち 2号店」、「いち 勝谷新町店」、ましてや「に」ではありません。
創業店へのリスペクトを感じます。
下関市には、「」に対して「楽’(らくてん)」もあります。
こちらも素晴らしいです。
私は、屋号というのは非常に重要であると思っています。
妻と「いちのに」にお伺いをしました。
ちなみに、王司に移転をしてからの「いち」は行けていません。
スープは豚骨のみなので、基本のラーメンを注文しました。
そのラーメン、「ぎょらん亭グループ」譲りの北九州濃厚豚骨です。
しかも濃厚豚骨、いえ、豚骨の濃厚でありながら、獣臭を感じません。
下準備の苦労を感じます。
塩気が強いです。
化調もありますか。
そのせいか、家に帰って寝るまで、のどが渇いて仕方がありませんでした。
ストレート細麺は、腰はそれほど強くありません。
しかし、ポキポキしないのも「ぎょらん亭グループ」譲りで好きです。
北九州濃厚豚骨ラーメンも、下関市で市民権を得ましたか。
とにかく、気合を感じます。
接客も教育されています。
お子様の取り皿やティッシュペーパー等々、気配り目配りを凝らしていらっしゃいます。
正午を迎へるころには満席になりました。

お客は良く知っています。

住所:山口県下関市勝谷新町一丁目10-3(Googleマップ
電話:083-265-4422
営業時間:午前11時~午後2時半、午後5時半~午後9時(第1、3月曜は夜の時間はなし)
定休日:火曜
メニュー:ラーメン(650円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

下松サービスエリア・上り線のフードコート@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2019_09_10_01.JPG
外観

2019_09_10_02.JPG
券売機

2019_09_10_03.JPG
ねぎラーメン

下松サービスエリア・上り線のフードコートに行ってみました。
どこかで昼食となり、あれやこれやと考えたあげく、ここに決まりました。
昔からお世話になったフードコートです。
私は以前、広島市に通勤をしていたことがあり、朝ラーをいただきました。
その後、高速道路は民営化をされ、トイレがきれいになりました。
もちろん、フードコートも立派になりました。
公務員、役所がいかにデタラメかというのがよく分かります。
ねぎラーメンを注文しました。
券売機で買うと、オーダーがそのまま通されるシステムになっています。
そのため、券売機で出てきた券を、カウンターに持っていく必要がありません。
私も含め、このシステムにとまどうご高齢の方が散見されました。
しかも、「〇〇番の方!」、「〇〇番の方!」と声を挙げられます。
「ねぎラーメンをお待ちの〇〇番の方!」とは言われません。
個人情報が関係しているのでしょうか。
コンプライアンスといい、個人情報といい、窮屈な世の中になってしまいました。
ねぎラーメン、スープは醤油なのですがスカスカです。
旨味も濃くも、ネギの甘味さえもありません。
ネギが多いばかりで、かんじんのベーススープがダメです。
麺は中細ストレートで、腰はまあまあ強いです。
しかし、スープがスープなので、バランスは崩れています。
安易です。
ねぎラーメンは、ただ単にねぎを入れればいいというわけにはいきません。
同サービスエリア・下り線では、上り線にない下松牛骨醤油ラーメンがあります。
そう思うとねぎラーメンばりそば、そして下松牛骨醤油ラーメンという山口県のご当地麺を、上下線で提供しようということでしょう。
素晴らしいことです。

気持ちは伝わって来ますが、このままではダメです。

住所:山口県下松市切山1476(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:ねぎラーメン(730円)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Bami(ばみ)@山口県柳井市 ☆☆☆ [山口県柳井市]

2019_09_07_01.JPG
外観

2019_09_07_02.JPG
メニュー

2019_09_07_03.JPG
メニュー

2019_09_07_04.JPG
メニュー

2019_09_07_05.JPG
らーめん

2019_09_07_06.JPG
こってり

妻と柳井市の「Bami」にお伺いをしました。
結論から申し上げまして、私の三つ星ラーメンです。
旨い!凄い!愛想も良し!
久し振りに素晴らしいラーメンに出会いました。
同市の白壁地区の端にあります。
らーめんと、こってりをお願いしました。
らーめんのこってりではありません。
こってりです。
らーめんとこってりは別物です。
背脂等で濁すかと思いきや、全く違います。
文章能力の低い私は、表現ができません…。
作り手は以前、洋食店にいらっしゃったようです。
他方面からアプローチの、多彩なラーメンが当たり前になりました。
ラーメン店は大変です。
こうなると、愛想の悪いラーメン店はぶっとぶでしょう。
白壁地区に人を呼び込む起爆店になって欲しいと願います。
とにかく一度、こってりをいただいてみて下さい。

山口県のラーメンの世界観が変わります。

住所:山口県柳井市柳井津443-7(Googleマップ
電話:0820-25-0807
営業時間:午前11時~午後3時
定休日:火曜
メニュー:らーめん(700円)、こってり(750円)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

めん処 楽@広島県廿日市市 ☆ [広島県廿日市市]

2019_09_02_01.JPG
外観

2019_09_02_02.JPG
メニュー

2019_09_02_03.JPG
みそラーメン

仕事で広島市内へ
道中、廿日市市で昼を迎えたので「幻のラーメン亭」へ。
なんと、駐車場がいっぱいで店外に待ち客が…(驚)。
平日の昼前で雨が降っているにもかかわらず…。
そんなに凄いのか…?
田舎の山口市民には考えられません…。
ということで、少し足を延ばして「めん処 楽」へ。
パチンコ店に併設しているので、そこの食事処でしょうか。
みそラーメンをお願いしました。
しかし、味噌というのは、ほっとします。
日本人の琴線に、味噌の香ばしさが触れます。
麺は縮れと思いきや、中細でエッジが効いていました。
変化球のないストレートの業務用です。
しかし、味噌を素材にすると色々とできるのでしょうか。
業務用でも味噌はそれを感じさせません。

普通に美味しかった。

住所:広島県廿日市市宮内一丁目4-6(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後6時
定休日:
メニュー:みそラーメン(550円)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華料理 花園@山口県岩国市 ☆ [山口県岩国市]

2019_09_01_01.JPG
外観

2019_09_01_02.JPG
メニュー

2019_09_01_03.JPG
らーめん

岩国市の「中華料理 花園」にお伺いをしました。
店の前に「中国提灯」が掲げてあります。
昨今、増殖中の台湾料理店かと身構えてしまいました。
しかし、メニューを拝見するにどうやら違うようです。
らーめんを注文しました。
スープは醤油豚骨で、優しいです。
麺は中太の縮れで、力強いです。
完全に麺が勝っています。
同店のオリジナリティは感じます。
そして、愛想がいいです。
味も当然ですが、そのせいもあってか店内は満席です。
土地柄、米国人も多いです。
いいことです。

敷居の低さに好感を持てます。

住所:山口県岩国市昭和町一丁目2-10(Googleマップ
電話:0827-21-1585
営業時間:午前11時~午前2時、午後5時半~午後9時
定休日:火曜
メニュー:らーめん(500円)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理