SSブログ

横浜家系ラーメン 一四家@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2020_11_04_01.JPG
外観

2020_11_04_02.JPG
メニュー

2020_11_04_03.JPG
メニュー

2020_11_04_04.JPG
ラーメン・醤油

2020_11_05.JPG
ラーメン・塩

家系というラーメンがあります。
「横浜を中心に広がる、トンコツ醤油ラーメンを出すお店の総称。
『吉村家』から独立したお店の多くが『六角家』『近藤家』『介一家』など『家』の字を使った屋号だった事からそう呼ばれるようになった。
最近は『吉村家』の弟子系列以外にも、そのスタイルに追随するお店も少なくない。
吉村家自身が99年秋の移転に伴い『家系総本山』と名乗り、マスコミ等でも随分取り上げられるようになったが、元々はインターネットから出てきた、れっきとしたフリーク用語である」。
新横浜ラーメン博物館のホームページには、こう記してあります。
「豚骨や鶏ガラから取った出汁に醤油のタレを混ぜた『豚骨醤油ベース』のスープ、太い中華麺と、ホウレンソウ、チャーシュー、海苔のトッピングで構成される。
麺の硬さや油の量、味の濃さを好みに応じて調整してもらえるのが一般的である」
こちらはウィキペディアからです。
山口市に家系のラーメン店がオープンしたので、妻とお伺いをしました。
横浜家系ラーメン 一四家」です。
私はド素人なので、家系がどうとかは分かりません。
しかし、ラーメンが細分化、多様化することはいいことだと思います。
山口市で横浜市のラーメンがいただけるとは、ありがたいです。
ラーメンの醤油と塩を注文しました。
店内に券売機があります。
いつもいつも、本当にいつも思うのですが、券売機の場合は、その前にメニューを選べるようにして欲しいです。
当然、券売機の前で無駄な混雑が発生します。
同店であればラーメンに醤油と塩があるので、券売機にラーメン・醤油、ラーメン・塩を設けて欲しいです。
戸惑う客で、これまた無駄な混雑です。
作り手が自ら客として並んだことがないのでしょう。
自身の店を知るという意味で、一度は作り手が自ら客として並んでみるべきです。
文句が多くなりましたが、従業員の接客は明るくて気持ちがいいです。
さてラーメン。
スープはどちらも油濃厚です。
麺はどちらも細麺をお願いしました。
家系であれば太麺にするべきだったと後悔しました。
どちらも油が強く、少々ヘビーです(笑)。
50歳を過ぎた私には、こうした味付けは厳しいです…(汗)。
へたれてしまいました…。
バチバチしたラーメンです。
個性が強いので、食べ手を選ぶでしょう。
よって、はまればはまるラーメンです。

家系の山口市進出に拍手です!

住所:山口県山口市黒川82-1 ハイパーモールメルクス山口(Googleマップ
電話:083-941-5814
営業時間:午前11時~午108時
定休日:
メニュー:ラーメン・醤油(680円)、ラーメン・塩(680円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理