SSブログ
島根県益田市 ブログトップ
- | 次の10件

マルイチ@島根県益田市 ☆☆ [島根県益田市]

2015_02_11_01.JPG
店外

2015_02_11_02.JPG
メニュー

2015_02_11_03.JPG
定番!豚骨ラーメン

2015_02_11_04.JPG
特濃!ド豚骨ラーメン

「益田ならばマルイチさんを推しますよ」。
酒さんのコメントです。
ありがたいです。
ということで、たまには山口県を北上することに。
島根県益田市の「マルイチ」を目指しました。
同市の郊外にあります。
近くには、ゆめタウンやエディオン等の大型商業施設があります。
ドーナツ化が進んでいます。
妻とカウンター席に座り、デフォルトの、定番!豚骨ラーメンと、特濃!ド豚骨ラーメンを硬麺で注文しました。
開店して4年で、豚骨のみを使用しているそうです。
カウンター越しに色々とお伺いしました。
初めにいただいた特濃!ド豚骨ラーメン、名前のとおり濃いかったです。
脂の濃いさではなく、豚骨そのものの濃いさでした。
美味しいです。
少しですが、骨粉のザラザラを感じます。
よく作ってあります。
中細の麺は食感がツルツルして、腰はそれほど強くありません。
続いて定番!豚骨ラーメンをいただいたのですが、こちらは非常にあっさりに感じました。
そりゃそうです。
いいラーメンをいただきました。
ただ、ド豚骨かと問われれば、私にとってはド豚骨ではありません。
もちろん、益田市民にとっては十分にド豚骨だと思います。
ケチをつけているのではありません。
濃厚さでいえば、北九州市では普通にある加減です。
山口県では下関市の「らーめん 泰斗」に似た加減です。
山口県の西部のラーメンは随分と濃厚です。
「郷に入っては郷に従え」。
人は住んでいる土地の風俗・習慣に従うのが処世の法である(広辞苑)、の意で、萩市の「はた満」の大将が随分とおっしゃっていました。
「マルイチ」の大将は、郷に従えていらっしゃいます。
益田市民が想う豚骨の加減を心得ていらっしゃいます。
おそらく。
繁盛しています。

酒さんの「益田ならばマルイチさんを推しますよ」に、私も一緒に推します。

住所:島根県益田市高津六丁目15-46(Yahoo!地図
電話:0856-23-1066
営業時間:午前11時半~午後2時、午後6時~午後10時
定休日:木曜
メニュー:定番!豚骨ラーメン(600円)、特濃!ド豚骨ラーメン(620円)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

豊味軒@島根県益田市 ☆☆ [島根県益田市]

2014_10_01_01.JPG
店外

2014_10_01_02.JPG
メニュー

2014_10_01_03.JPG
中華麺(ラーメン)

休日を利用をして山口県内の未訪店に出掛けています。
やはり、山口県のラーメン文化度は非常に高いです。
フリーアナウンサーの辛抱さんが海上自衛隊に救助をされた際に、「この国の国民で良かった…」とおっしゃっていましたが、私は「山口県民、そして山口市民で良かった…」と思っています。
その山口県のラーメンも少し飽きて来たので、県外へ口直しです。
山口県は、広島県、島根県、そして福岡県と接しているので、たまには異文化も良いです。
島根県益田市の「豊味軒」にお伺いをしました。
創業50年の老舗店です。
益田駅の南側の商店街にあります。
中華麺(ラーメン)を硬麺で注文をしました。
店内は静かで落ち着いています。
装飾も昔々の様相で、シックな雰囲気です。
鶏がらのスープは熱いです。
じわっと来ます。
中太の麺は自家製だそうです。
ストレートで腰が長続きをします。
まさしく、老舗の中華料理店の中華麺です。
女将も色々と話しをして下さいます。
ラーメン店は一期一会です。
その中でも私は老舗店が好きです。

益田市の老舗店としてのオーラを十分に感じました。

住所:島根県益田市駅前町19-12(Yahoo!地図
電話:0856-22-1197
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後9時
定休日:火曜
中華麺(ラーメン):500円
nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

三洋軒@島根県益田市 ☆ [島根県益田市]

2014_05_14_01.JPG
店外

2014_05_14_02.JPG
メニュー

2014_05_14_03.JPG
博多ラーメン

2014_05_14_04.JPG
塩ラーメン

島根県益田市の「三洋軒」に妻とお伺いをしました。
益田市の人口は約5万人です。
しかし、都市形成は5万人の規模ではありません。
立派です。
山口県で言うと、下松市、光市、そして萩市と同じ人口です。
益田駅前は、同じ山陰である萩市の東萩駅前に比べ、かなり整備をされています。
下松駅前に近い印象です。
車社会ですが、駅前はやはりその都市の玄関です。
玄関は綺麗にしていなければいけません。
山口県は、東萩駅を萩駅に改称をして、駅前の再開発をするべきです。
山口駅前も然りです。
その「三洋軒」、旅チャンネルの「らーめん探検隊 中国四国 お麺路の旅」と言う番組で紹介をされていたので気になっていました。
しかし、移転でリニューアルをされました。
リニューアル前も後も未訪です。
ラーメンは、博多、醤油、塩、そして味噌とフルラインアップになりました。
デフォであろうの博多と、真逆であろうの塩とを硬麺で注文しました。
まずは博多ラーメン。
福岡市で見掛けるラーメンではありません。
豚骨ですが、醤油が強いです。
広島ラーメンに近い印象です。
私は博多と福岡の違いが解りません。
益田市の方が博多(福岡)をイメージするとこの様なラーメンになるのでしょうか。
所変われば、品変わる。
しかし、博多ラーメンと言う名前に意義有りです。
厚みはありません。
続いて塩ラーメン。
こちらも厚みはありません。
ニンニクで塩味を網羅しています。
麺はどちらも同じで、中細のストレートです。
腰はまあまあです。
おこがましく総括をさせていただくと、どちらもフルラインアップ店のラーメンでした。
しかし、店内は、老若男女、色々な方々で賑わっています。
ファミリー向けのラーメン店です。
私の様な俄(にわ)かマニア向けのラーメン店ではありませんが、これはこれで有りです。

「三洋軒」の名に恥じぬ様、益田市のラーメン店として繁盛をして欲しいと願います。

住所:島根県益田市乙吉町イ97-1(Yahoo!地図
電話:0856-23-1998
営業時間:
定休日:
博多ラーメン:500円、塩ラーメン:500円
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理
- | 次の10件 島根県益田市 ブログトップ