SSブログ
前の10件 | -

本気豚骨(まじとんこつ) 虎一@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2020_12_01_01.JPG
外観

2020_12_01_02.JPG
案内

2020_12_01_03.JPG
メニュー

2020_12_01_04.JPG
白虎

宇部市の「本気豚骨 虎一」にお伺いをしました。
去る10月にオープンをした新規店で、「本気豚骨」を「まじとんこつ」と読ませます。
気合が入っています。
同店は、宇部市につけ麺専門店や居酒屋を展開する「YUTAKAグループ」の一店です。
ご承知のとおり、同グループはその1か月前にも「九醤豚骨ラーメン YUTAKA」をオープンしています。
勢いがあります。
ちなみにこちらも「マジ」でした。
さて入店です。
メニューのラーメンは白と赤とがあります。
一風堂」をイメージしているのでしょうか。
初めてなので、基本の白虎を固麺で注文しました。
スープはまろやかで、しっかりとコクがあります。
豚骨独特の獣臭はしません。
「くさうま」ではないので、宇部ラーメンではありません。
麺はエッジが効いて、腰の強いストレートです。
中華そば 一久」のようではないので、こちらも宇部ラーメンではありません。
やはり、よくある「一風堂」風のラーメンでした。
「マジ」は十分に伝わりました。
美味しかったです。
「九醤豚骨ラーメン YUTAKA」が剛であれば、「本気豚骨 虎一」は柔といったところでしょうか。
どちらの豚骨ラーメンも宇部ラーメンではありません。
そこが面白いです。

両店の全く違うラーメンの食べ比べをお勧めします。

住所:山口県宇部市南浜町一丁目3-2(Googleマップ
電話:0836-39-8420
営業時間:午前10時半~午後3時
定休日:月曜
メニュー:白虎(750円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば スエヒロ@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2020_11_27_01.JPG
外観

2020_11_27_02.JPG
メニュー

2020_11_27_03.JPG
中華そば

岩国市の「中華そば スエヒロ」です。
広島市からの帰りに訪問しました。
同店は岩国市中心部から離れていますが、相変わらずの人気です。
「スエヒロ」に不変の味を求める人が多いようです。
ちなみに私は、帰りの国道2号から岩国市内に入るのが面倒であったという理由からです。
腰抜けです…。
中華そばをそのままで注文です。
まさしく「スエヒロ」のラーメンです。
スープもいいですが、腰の強いストレート細麺がいいです。
結構な食べてる感を醸し出してくれます。
先ほども言いましたが、まさしく不変の味です。
ところで、メニューにポテトと唐揚げがあります。
しかも午後5時からの提供です。
少し気になります…。
後輩Mくんは、岩国市内ではココでしかラーメンを食べません。

気持ちが解ります。

住所:山口県岩国市柱野1688-1(Googleマップ
電話:0827-46-0294
営業時間:
定休日:
メニュー:中華そば(650円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まつの屋@広島県広島市南区 ☆☆ [広島県広島市南区]

2020_11_26_01.JPG
外観

2020_11_26_02.JPG
メニュー

2020_11_26_03.JPG
中華そば

広島市南区の「まつの屋」にお伺いをしました。
創業が大正5年とあったので、同市の宿題店のひとつでした。
店内はカウンター席のみです。
券売機で中華そばを注文しました。
近くに「ナショナル会館」というパチンコ店があり、「まつの屋」の営業時間はそこに大きく影響されているようです。
老舗店が好きな私としては、少し複雑な気持ちです。
広島駅前も随分と変わりました。
その中華そば、まさしくの広島ラーメンです。
スープはあの醤油とんこつ、麺はあのストレートです。
何だかんだいっても、山口県では見かけないラーメンです。

やはり、本場でいただくラーメンはいいものです。

住所:広島県広島市南区松原町5-5(Googleマップ
電話:082-261-2666
営業時間:午前11時~午後7時
定休日:
メニュー:中華そば(620円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

焼肉 みほり峠 宇部店@山口県宇部市 ☆ [山口県宇部市]

2020_11_21_01.JPG
外観

2020_11_21_02.JPG
メニュー

2020_11_21_03.JPG
盛岡冷麺

宇部市の「焼肉 みほり峠 宇部店」に盛岡冷麺があります。
私は盛岡冷麺なるものをいただいたことがありません。
またまた、一都一道二府四十三県でラーメンをいただくことが夢です。
よって、いい予習です。
平日の夜でしたが、結構な入りです。
いいことです。
視聴率稼ぎの下らないマスコミ報道に振り回されないで欲しいです。
同店は焼肉店ですが、回転寿司店のように皿がテーブル席まで廻ってくるシステムになっています。
驚きました…。
当然、盛岡冷麺もそのような仕掛けで運ばれてきます。
味気ないです…。
スープは薄い醤油です。
冷麺なので冷たいです。
キムチが溶けて少し辛くなります。
麺はマロニーちゃんのように透明でつるつるしています。
しかし、歯ごたえがあります。
どうなのでしょう…。

まずは、山口県で盛岡市のご当地ラーメンをいただけたことに感謝です。

住所:山口県宇部市大字西岐波4578-9(Googleマップ
電話:0836-54-2929
営業時間:
定休日:
メニュー:盛岡冷麺(480円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Jazz Club BILLE@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2020_11_19_01.JPG
外観

2020_11_19_02.JPG
メニュー

2020_11_19_03.JPG
メニュー

2020_11_19_04.JPG
鯛の潮ラーメン

2020_11_19_05.JPG
巻き寿司

下関市の「Jazz Club BILLE」は、ランチメニューで鯛の潮ラーメンを提供をされています。
お伺いをしました。
建物はゴルフ場のクラブハウスのようです。
カウンター席に案内されました。
当然、鯛の潮ラーメンを注文です。
洒落た雰囲気なので上品な方々が食事に来られます。
もちろん私は例外です。
ちなみに鯛の潮ラーメン、メニューにあるように巻き寿しとコーヒーが付いてきます。
スープは透明です。
潮の味がほんのりとします。
これが鯛の潮なのでしょうか…。
確かにいわゆるの塩ラーメンとは違います。
言われてみなければ、私のようなド素人は分かりません。
麺はストレートで非常に細く、そうめんのようです。
具材が豊富です。
ほろほろのチャーシューもありましたが、鯛の切り身もありました。
ニラもほんのりとしたスープのアクセントになっています。
くどくないのがいいです。

ジャズクラブの雰囲気にぴったりの、洒落たラーメンでした。

住所:山口県下関市一の宮本町二丁目2-22(Googleマップ
電話:083-263-6555
営業時間:午前11時~午後2時半(ランチ時間)
定休日:月曜
メニュー:鯛の潮ラーメン(900円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 一久 新川店@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2020_11_15_01.JPG
外観

2020_11_15_02.JPG
メニュー

2020_11_15_03.JPG
メニュー

2020_11_15_04.JPG
ラーメン

私の知り人で「ラーメンはほとんど食べませんが、『一久』は別です」という女性がいらっしゃいます。。
宇部市生まれ宇部市育ちの、50代の女性です。
宇部市民にとって「中華そば 一久」は特別な存在、いえ、生活に密着した存在なのでしょう。
あそこの「一久」は旨い、どこそこの「一久」はイマイチとよく聞きます。
自分なりの「マイ一久」があるようです。
私は「一久」の全店でいただきましたが、それほどの違いは感じませんでした…(汗)。
宇部新川駅の近くにある「新川店」にお伺いをしました。
同駅は宇部市の中心駅です。
しかし、あまりにも貧相です。
私の住む山口市の山口駅以上です。
バブルのどさくさに紛れて、もう少し立派なものにしておけば良かったのではと思います。
ラーメンを注文です。
正午前でしたが、次から次へと客が来られます。
さすが「一久」です。
スープは豚骨濃厚、麺は中細ストレートでやや柔め。
まさに「一久」です。
安心の味です。
この繁盛にあやかって、同店のキャラクターである「久ちゃん」のグッズを販売してはいかがでしょうか。
まずは宇部新川駅に「久ちゃん」の等身大を作って、ウェルカムはどうでしょうか。
その前に「宇部ラーメン」の幟(のぼり)を建てておくべきです。
宇部市市長選挙の目玉にはなりませんが、人は集まると思います。

やはり「一久」は特別のようです。

住所:山口県宇部市中央町一丁目9-14(Googleマップ
電話:0836-31-1915
営業時間:午前11時~
定休日:
メニュー:ラーメン(600円)

追記

私は山口高校の出身です。
毎年、同校の野球、サッカー、バスケットボール、ラグビー、たまにバレーボールの応援に行きます。
思うに、ゴルフ部を作っておけばと後悔しています…。
ボウリング部も然り。
勉強が無ければ、高校時代に戻りたいです…。
いずれにせよ、甲子園で熱球を唄うまでは死ねません。
コロナ禍で大変な高校生にエールを送りたいです。
本日、全国高校ラグビー山口県大会の決勝戦が行われます。
相手は大津緑洋高校です。
しかし、大津緑洋高校という名前はどうでしょうか…。
緑洋は要りません。
何の意味があるのでしょうか…。
そもそもは大津郡の大津高校だったので、大津高校で十分です。
私の高校時代は、ラグビーといえば大津高校でした。
山口高校も同校には歯が立ちませんでした。
時代は流れ、今では互角です。
観戦に行けないのは残念です…。
私の湯田中学校の一学年上に、Hさんという先輩がいらっしゃいました。
H先輩は野球部でしたが、山口高校でラグビー部に入られました。
その頃、大津高校からK教師が山口高校に来られました。
K教師は大津高校のラグビーの監督でした。
当然、山口高校のラグビー部は鍛えられたようです。
私が高校2年の時、山口高校は全国高校ラグビー山口県大会で決勝戦まで進みました。
私は友人と山口維新公園に応援に行きました。
結果は負けましたが、H先輩のタックルに涙が出ました。
その迫力は、今でも脳裏に焼き付いています。

さあ山口高校、頑張れ!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カレーハウスCoCo壱番屋 宇部東岐波店@山口県宇部市 ☆☆☆ [山口県宇部市]

2020_11_13_01.JPG
外観

2020_11_13_02.JPG
メニュー

2020_11_13_03.JPG
メニュー

2020_11_13_04.JPG
カレーらーめん

ちょっとしたことからカレーラーメンを欲しました。
私はカレーが特別好きではありません。
よって、外でカレーライス等をいただくことはありません。
しかし、カレーラーメンだけは特別です。
その昔、私の地元、山口市湯田温泉に「おそ松(閉店)」というラーメン店がありました。
ここのラーメンが好きで、よく通いました。
特に、デフォルトの豚骨ラーメンのうえにカレーのルーをかけたカレーラーメンは絶品でした。
ああ、懐かしい…。
カレーラーメンを求めて山口県内を廻ってみようかな…。
宇部市でカレーラーメンを検索してもなかなかヒットしません。
というなか、ここは宿題店入りです。
カレーといえば「カレーハウスCoCo壱番屋」です。
同店のカレーラーメンであれば間違いないでしょう。
宇部東岐波店」にお伺いをしました。
カレーらーめんのほかにカレー肉そばがありました。
せっかくなので、カレー肉うどんもいかがでしょうか。
改めてデフォルトのうまこくカレーらーめんを、すべて普通でお願いしました。
スープは奇をてらっていない、普通のカレーラーメン仕様です。
麺も中太?で、こちらもカレーラーメンに似合う仕様です。
多分に「カレーハウスCoCo壱番屋」というバイアスが掛かっています。
店内も広く、接客も明るいのでラーメンが進みます。
カレー専門チェーン店の作るカレーラーメンは、非常にオーソドックスでした。
私のようなド素人がイメージするカレーラーメン、そのままです。
だから美味しいのでしょう。

カレーに対する「カレーハウスCoCo壱番屋」の想いは、しっかり現れていました。

住所:山口県宇部市大字東岐波2156-1(Googleマップ
電話:0836-58-1388
営業時間:午前10時半~午後10時半
定休日:
メニュー:うまこくカレーらーめん(715円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中国料理 敦煌 山口宇部店@山口県宇部市 ☆☆☆ [山口県宇部市]

2020_11_06_01.JPG
外観

2020_11_06_02.JPG
メニュー

2020_11_06_03.JPG
黒サンラーたん麺

ANAクラウンプラザホテル宇部」という呼び名になかなか馴染めません。
山口市民の私は、未だに「全日空ホテル」と言ってしまいます。
宇部市をウロウロする際、このホテルを目印にします。
仕事で寄ったついでに、地下の「中国料理 敦煌 山口宇部店」にお伺いをしました。
同店は3回目でしょうか。
未食で気になっていた、黒サンラーたん麺です。
ここは結構なお値段がします。
よって、宇部マダムが集まってくる特別な場所でもあります。
平日でしたが、そのマダムでほぼ満席です。
黒サンラーたん麺、熱々のスープです。
とろみの具材がほどよい辛さで、いい塩梅です。
これにもちもちのストレート中細麺が絡み、食べてる感があります。
メニューにあるよう、大人のサンラーたん麺です。
美味しいです。
量もそこそこあり、少食の私には満腹感、満足感とも十分でした。
たまには高級なラーメンもいいものです。

特別な場所のそれは、やはり特別でした。

住所:山口県宇部市相生町8-1 宇部興産ビル B1F(Googleマップ
電話:0836-22-0330
営業時間:午前11時半~午3時、午後5時~午後10時
定休日:
メニュー:黒サンラーたん麺(890円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横浜家系ラーメン 一四家@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2020_11_04_01.JPG
外観

2020_11_04_02.JPG
メニュー

2020_11_04_03.JPG
メニュー

2020_11_04_04.JPG
ラーメン・醤油

2020_11_05.JPG
ラーメン・塩

家系というラーメンがあります。
「横浜を中心に広がる、トンコツ醤油ラーメンを出すお店の総称。
『吉村家』から独立したお店の多くが『六角家』『近藤家』『介一家』など『家』の字を使った屋号だった事からそう呼ばれるようになった。
最近は『吉村家』の弟子系列以外にも、そのスタイルに追随するお店も少なくない。
吉村家自身が99年秋の移転に伴い『家系総本山』と名乗り、マスコミ等でも随分取り上げられるようになったが、元々はインターネットから出てきた、れっきとしたフリーク用語である」。
新横浜ラーメン博物館のホームページには、こう記してあります。
「豚骨や鶏ガラから取った出汁に醤油のタレを混ぜた『豚骨醤油ベース』のスープ、太い中華麺と、ホウレンソウ、チャーシュー、海苔のトッピングで構成される。
麺の硬さや油の量、味の濃さを好みに応じて調整してもらえるのが一般的である」
こちらはウィキペディアからです。
山口市に家系のラーメン店がオープンしたので、妻とお伺いをしました。
横浜家系ラーメン 一四家」です。
私はド素人なので、家系がどうとかは分かりません。
しかし、ラーメンが細分化、多様化することはいいことだと思います。
山口市で横浜市のラーメンがいただけるとは、ありがたいです。
ラーメンの醤油と塩を注文しました。
店内に券売機があります。
いつもいつも、本当にいつも思うのですが、券売機の場合は、その前にメニューを選べるようにして欲しいです。
当然、券売機の前で無駄な混雑が発生します。
同店であればラーメンに醤油と塩があるので、券売機にラーメン・醤油、ラーメン・塩を設けて欲しいです。
戸惑う客で、これまた無駄な混雑です。
作り手が自ら客として並んだことがないのでしょう。
自身の店を知るという意味で、一度は作り手が自ら客として並んでみるべきです。
文句が多くなりましたが、従業員の接客は明るくて気持ちがいいです。
さてラーメン。
スープはどちらも油濃厚です。
麺はどちらも細麺をお願いしました。
家系であれば太麺にするべきだったと後悔しました。
どちらも油が強く、少々ヘビーです(笑)。
50歳を過ぎた私には、こうした味付けは厳しいです…(汗)。
へたれてしまいました…。
バチバチしたラーメンです。
個性が強いので、食べ手を選ぶでしょう。
よって、はまればはまるラーメンです。

家系の山口市進出に拍手です!

住所:山口県山口市黒川82-1 ハイパーモールメルクス山口(Googleマップ
電話:083-941-5814
営業時間:午前11時~午108時
定休日:
メニュー:ラーメン・醤油(680円)、ラーメン・塩(680円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

九州豚骨ラーメンYUTAKA@山口県宇部市 ☆☆☆ [山口県宇部市]

2020_11_03_01.JPG
外観

2020_11_03_02.JPG
券売機

2020_11_03_03.JPG
ラーメン

2020_11_03_04.JPG
ネギラーメン

未訪の妻の要望で、宇部市に新規オープンの「九州豚骨ラーメンYUTAKA」にお伺いをしました。
私は先日お伺いをしたばかりです。
メニューにネギラーメンが追加されていました。
よって、ラーメンとネギラーメンを注文です。
待っているあいだに若い女性のお二人が入店され、ネギラーメンを注文されました。
女性はラーメン店に入りにくいと言われます。
私の妻も柄に似合わず、そうしたことを言います。
「世の女性の皆さ~ん。
私を含めて男性は、ラーメン店にひとりで来られる女性を変な目で見ていませんよ~。
思い過ごしです~。
ラーメンという食べ物はすばらしいので、そうしたことは気にせず、どうどうと行ってくださいね~」。
声を大にして申しあげます。
ラーメンのスープは相変わらずのどろどろです。
そして、豚骨臭がほとんどしません。
中細麺はエッジが効いて、やや縮れがあります。
そしてこれがスープに負けず、ガチで勝負をしています。
これはどう考えても「天下一品」のオマージュでしょう。
まちがっていたらごめんなさい。
ネギラーメンはこれにネギが盛ってあります。
私はこうした濃厚ラーメンが好きです。
妻も気に入りのようです。
毎日いただくには正直ヘビーですが、たまに欲しくなる中毒性を帯びたラーメンです。

改めて絶品です。

住所:山口県宇部市東新川町1-16 コスモビル 101(Googleマップ
電話:0836-39-6799
営業時間:午前9時半~午後8時
定休日:月曜
メニュー:ラーメン(680円)、ネギラーメン(880円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -