SSブログ
前の10件 | -

天龍うどん@山口県周南市 ☆ [山口県周南市]

2021_05_10_01.JPG
外観

2021_05_10_02.JPG
メニュー

2021_05_10_03.JPG
中華そば(並)

所用があって周南市へ。
昼を迎えたので宿題店の「天龍うどん」に行きました。
うどん店ですがラーメン、しかも牛骨を提供されていらっしゃいます。
中華そば(並)をお願いしました。
その中華そば、スープの牛骨感は弱く、油が強めです。
麺は中細ストレートで、腰は強めでしょうか。
うどん店の牛骨ラーメンとしては申し分ございません。
同店はセルフサービスです。
トッピングが並べてあり、私の好きなネギもあります。
これが嬉しいです。
メニューにあるようネギは入れほうだいなので、そこそこにネギラーメンにしました。
ネギ牛骨ラーメンにすると食べた感がでてきます。
お奨めです。
ところで、同店は若葉公園の近くにあります。
若葉公園は交差点に面していて、ぐるっと見渡すと、

2021_05_10_04.JPG
天龍うどん

2021_05_10_05.JPG
くうかい

2021_05_10_06.JPG
さかえ

2021_05_10_07.JPG
カヲル

2021_05_10_08.JPG
りゅうたん

ラーメン店とうどん店が混在しています。
まさしく群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)、激戦区です。
こうした風景は周南市ぐらいでしょうか。
同市の底力を感じます。

ネギ入れほうだいは魅力です。

場所:山口県周南市栄町2-21 大中ビル 1F(Googleマップ
電話:0834-31-3335
営業時間:午前10時~午後2時半、午後5時~午後7時
定休日:日曜
メニュー:中華そば・並(682円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

恵比寿軒@島根県益田市 ☆☆☆ [島根県益田市]

2021_05_05_01.JPG
外観

2021_05_05_02.JPG
メニュー

2021_05_05_03.JPG
メニュー

2021_05_05_04.JPG
焼豚ラーメン

2021_05_05_05.JPG
野菜の塩ラーメン

島根県益田市に遠征、「恵比寿軒」にお伺いをしました。
初訪問です。
山口市の我が家から2時間弱で到着です。
岩国市中心部に行くより時間は掛かりません。
開店時間の15分前に到着しました。
駐車場に一番乗りです。
車中で待っていると、あれよあれよと車が増えてきました。
ここは中華料理店です。
中国人客が来られて尖閣諸島のようになっては面倒なので、玄関前で専守防衛にあたりました。
お店がオープン、日本人客ばかりだったので、どうぞどうぞでスムーズに着席できました。
さすがの人気店です。
まずは焼豚ラーメンです。
熱々で運ばれてきたので湯気が立ちこめています。
中華料理店によくある、甘辛い醤油スープです。
麺は縮れのある中細で、もちもちしています。
ラーメン店とは違う、中華料理店ならではの醤油ラーメンです。
続いて野菜の塩ラーメンです。
塩スープは若干(じゃっかん)とろみがあるので、さらに熱々です。
野菜のエキスが塩スープに出ています。
麺は焼豚ラーメンと一緒です。
ラーメン店では味わえない、中華料理店ならではの塩ラーメンです。
どちらも美味しいです。
久し振りに「本当に美味しい」と感じました。
家族経営なのでしょうか。
みなさまが目配り気配りをされています。
家族間で意思統一ができています。
この日は小学生と思われる女の子と男の子が、接客で奮闘していました。
かわいかったです(笑)。
お客が多いのも頷(うなず)けます。
そのお客も礼儀正しい。
行ったかいがありました。
満足です。

益田市の名店に学ぶべきことが多かったです!

場所:島根県益田市乙吉町イ99-4(Googleマップ
電話:0856-22-2302
営業時間:午前11時半~午後2時、午後5時半~午後9時半
定休日:月曜
メニュー:焼豚ラーメン(682円)、野菜の塩ラーメン(682円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ShinShin アミュプラザ小倉店@福岡県北九州市小倉北区 ☆☆ [福岡県北九州市小倉北区]

2021_05_04_01.JPG
メニュー

2021_05_04_02.JPG
メニュー

2021_05_04_03.JPG
メニュー

2021_05_04_04.JPG
メニュー

2021_05_04_05.JPG
博多ShinShinらーめん

2021_05_04_06.JPG
みそとんらーめん

この1年間の政府自民党の無能さにへきへきしています。
マスコミの偏重報道もひどい。
今年の衆議院選挙では、共産党で政権交代をしてみますか。
ネットをウロウロしていたところ、博多の有名店「ShinShin」が小倉に出店していました。
2019年3月にJR小倉駅のビルに「アミュプラザ小倉店」としてです。
知りませんでした…。
思うに、博多も小倉も同じ福岡県ですが、ラーメンの出店としての相互交流?が少ないような気がします。
あるのは「一蘭」、「魁龍」、そして今回の「ShinShin」等々…。
ないのは「一風堂」、「ぎょらん亭」等々…。
特に、広島市にある「一風堂」が北九州市にないのは不思議です。
ということでさっそくの訪問です。
基本、お若い男性陣が厨房、お若い女性陣がフロアーです。
みなさん、元気があっていいです。
こちらが元気をいただきました。
若いということはすばらしい。
ラーメンのスープは豚骨と味噌の2種類です。
まずは基本の「博多ShinShinらーめん」。
スープはコクを感じながらのマイルド豚骨です。
口あたりは優しいです。
麺は極細ストレートです。
いわゆるの博多ラーメンの鉄則を踏んでいます。
続いて「みそとんらーめん」。
スープは酸味?を感じながらのバチバチ味噌豚骨です。
口当たりは強いです。
麺は中太縮れです。
昨今の味噌ラーメンの鉄則を踏んでいます。

どちらも時代を映しています。

場所:福岡県北九州市小倉北区浅野一丁目1-1 アミュプラザ小倉東館 1F(Googleマップ
電話:093-953-7957
営業時間:午前11時~
定休日:
メニュー:博多ShinShinらーめん(700円)、みそとんらーめん(790円)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華そば 壇 小郡店@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2021_04_29_01.JPG
外観

2021_04_29_02.JPG
メニュー

2021_04_29_03.JPG
メニュー

2021_04_29_04.JPG
案内

2021_04_29_05.JPG
こく煮干し

中華そば 壇 吉敷店」が新規オープンしたようです。
いいことです。
そのオープンとは関係はありません。
中華そば 壇 小郡店」に行きました。
お店の前からは、いりこ(=煮干し)の香りがぷんぷんと漂ってきます。
いいことです。
久し振りのいりこラーメンなので、こく煮干しをお願いしました。
スープはどろどろです。
どろどろいりこです。
これでもか!のいりこスープです。
これに、中細でやや縮れのある麺が絡みます。
濃厚で言えば豚骨の「魁龍」、どろどろで言えば謎の「天下一品」と肩を並べます。
改めて「中華そば 壇 小郡店」の凄さを感じました。
旨い!
明るい接客がいいです。
ここに少しの知り人がいます。
某店のことを尋ねられましたが「そことは全く違うでしょう」と答えました。
某店は愛想が無さそうなので未訪です。
山口市にVIPが来た際、ラーメンの招待となればここです。
いりこが苦手と言われれば「カフェ 米蔵」です。
豚骨ラーメンの指名があれば「江戸金」。
同店の前で「この臭いは」…、となれば「山形屋」に変更。
「山形屋」が閉まっていれば「小郡三久」に直行です。
側近は、「小ホホ食堂」と「ちゃばちゃば」に連れて行きます。
船木屋」も開店をしていれば併せて招待です。
おみやげは御堀堂の外郎を持たせます。

こく煮干しは、いりこラーメンの究極です。

場所:山口県山口市小郡下郷3383(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後2時
定休日:日曜
メニュー:こく煮干し(800円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

三久ラーメン 小郡店@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2021_04_28_01.JPG
外観

2021_04_28_02.JPG
メニュー

2021_04_28_03.JPG
ラーメン

私が小・中学生だった昭和50年代、山口市のラーメンと言えば湯田の「おそ松(閉店)」、駅通りの「江戸金(移転)」、大内の「どさんこ(閉店)」、そして小郡の「三久」ぐらいでした。
よく行きました。
なぜか郵便局の向かいの「亀山(閉店)」は選択肢に入りませんでした。
山口市もラーメン店が増えました。
先日も「中華そば 壇 吉敷店」がオープン、まさに群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)です。
山口市のラーメンを全て数えると、どのくらいになりますか…。
未訪店も多いです。
久し振りに小郡の「三久」に行ってみました。
この日は先代の大将と女将がいらっしゃいました。
あいさつをしたところ「元気ですよ!」と言われました。
良かったです。
さてラーメン。
同店は代替わりをしていますが、やはり「小郡三久」のそれです。
チーム二代目が、先代の味を継承されています。
旨味調味料の効いた豚骨スープに、短めのストレート中細麺。
厨房の羽釜が音を立てています。
令和の時代、もはやこうしたラーメンが新規オープンすることはないでしょう。
5Gのスマホに対して黒電話を販売するようなものです。

そう思うと、改めてチーム二代目に感謝です。

場所:山口県山口市小郡上郷2591(Googleマップ
電話:083-973-1239
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:火曜
メニュー:ラーメン(590円)
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

庄蔵(いなかぐら)@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2021_04_25_01.JPG
外観

2021_04_25_02.JPG
メニュー

2021_04_25_03.JPG
極旨醤油拉麺

2021_04_25_04.JPG
極旨醤油豚骨拉麺

兄と弟の場合、往々にして兄はおとなしく、弟はややこしいと言われます。
兄はA型のライオンで、弟はO型の犬と表現されることも。
庄蔵」の極旨醤油拉麺と極旨醤油豚骨拉麺は、兄と弟のような感じでした。
去る2月22日にオープンした、醤油ラーメン専門店のそれです。
ここも券売機ですが、入ってすぐのところと券売機の側に大きくメニューが掲げてあります。
そして「事前に食券をご購入ください」の案内もあります。
これだけのことです。
客に対して思いやりがあります。
しかし、これを持てない券売機店が多いです。
店内は広く、オシャレな雰囲気です。
姫方お一人でも気にする必要はありません。
さてラーメン。
スープは兄はさっぱり醤油で、弟は油強めの豚骨醤油です。
麺はどちらもエッヂの効いたストレートで細いです。
生田斗真と生田竜聖のようなラーメンです。
どちらもオシャレですが、印象は全く違います。
しかし、オシャレすぎるので下関市で醤油ラーメンの選択肢に上がるかどうか…。
少し気になります。
イケメンは、違った面を見せないと存在が薄くなります。
SMAPが支持されたのは、ジャニーズのタレントがコントをしたからだと思います。

下関市のオシャレな醤油ラーメンとして応援します。

場所:下関市綾羅木新町三丁目2-2(Googleマップ
電話:083-227-3518
営業時間:午前11時~
定休日:不定
メニュー:極旨醤油拉麺(700円)、極旨醤油豚骨拉麺(700円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一丁亭 周東店@山口県岩国市 ☆☆ [山口県岩国市]

2021_04_17_01.JPG
外観

2021_04_17_02.JPG
濃旨一丁

2021_04_17_03.JPG
豚骨魚介らーめん

コロナバカ騒ぎが続きます。
久し振りに岩国市の「一丁亭 周東店」にお伺いをしました。
入店をすると「食券をお願いしま~す」と言われました。
券売機が設置されたようです。
この前で何にしようか考えます。
ラーメンの情報が少ないので戸惑います。
私が着席をした後、ご高齢の夫婦が入店されました。
「食券をお願いしま~す」と言われたかと思うと、続いてお若い家族連れが。
結局、ご高齢の夫婦はお若い家族連れに券売機を譲られました。
私は券売機が悪いとは思いません。
しかし、こうした光景を目の当たりにすると色々と思います。
入店の前にラーメンを選んでいただければいいことです。
例えば入り口に、「当店は券売機です。メニューはこちらでお選び下さい」ぐらいのメニューを掲げればすみます。
「当店は入店後に券売機でラーメンを選ばなければならない、座ってメニューを眺めながらゆっくり選ぶことはできない」ということを事前に知らせておけば、こうしたことは起きません。
それが無いのでお客が混乱します。
客として自身の店を利用するという想像力を働かせて欲しいです。
こうした店はよく見掛けます。
作るご自身が自分の店に車を停めて、入店をして注文をしていただいて、勘定を済ませて帰る。
シミュレーションをやっているかどうかです。
できれば家族を連れて。
ご自身が自分の店に満足できるかどうかのチェックです。
営業で言うところのロールプレイングです。
とかく一方通行になりがちです。
ラーメンを作ることだけではなく、いただくことにも目を配らせて欲しいです。
ご高齢の夫婦を目の当たりにして色々と思いました。

両ラーメンが美味しかっただけに残念でした。

場所:山口県岩国市周東町下久原1728-1(Googleマップ
電話:0827-84-0511
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時半~午後9時
定休日:火曜
メニュー:濃旨一丁(750円)、豚骨魚介らーめん(840円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中華料理 八宝亭@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2021_04_14_01.JPG
外観

2021_04_14_02.JPG
メニュー

2021_04_14_03.JPG
五目麵

にわか宇部市民になって1年が過ぎました。
宇部ラーメン」と呼ばれる地元ラーメンがあるにもかかわらず、新規店が増えました。
いいことです。
最近ではここが宿題店です。
しかし、老舗店好きな私としては食指がなかなか動きません。
歳のせいでしょう。
新規店は若い方にお任せです。
宿題店を片目に、「中華料理 八宝亭」にお伺いをしました。
オムライスを次回の宿題として、五目麺をお願いしました。
平日の正午前でしたが、あれよあれよで満席です。
宇部市民に愛されているようです。
スープはあっさり醤油で、野菜のエキスが溶け込んでいます。
麺は腰の弱い中細ストレート。
建物から想像できる、五目麵そのままです。
薄味で昭和しています…。
落ち着きます…。
野菜たっぷりラーメンは旨いです。

やはり私は老舗店が好きです。

場所:山口県宇部市新天町一丁目5-13(Googleマップ
電話:0836-34-0170
営業時間:午前11時~午後2時半
定休日:土曜、日曜、毎月17日
メニュー:五目麵(550円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鉄板 飛龍'S@山口県光市 ☆☆ [山口県光市]

2021_04_12_01.JPG
外観

2021_04_12_02.JPG
メニュー

2021_04_12_03.JPG
メニュー

2021_04_12_04.JPG
自家製にぼしラーメン

光市で仕事を終えたので、宿題店の「鉄板 飛龍'S」にお伺いをしました。
平日の正午前だったので、店内は色々な準備で忙しそうでした。
基本は夜がメインのようです。
コロナバカ騒ぎのせいで、ランチもしなければならなくなったのでしょうか。
そうであれば気の毒です。
自家製にぼしラーメンのみをいただくつもりでしたが、ランチメニューに単品がありません。
しかし、単品でもOKということでしたのでお願いをしました。
その自家製にぼしラーメン、単品でお願いをしたのですが、ライスがついてきました。
ありがたいです。
スープは煮干しが効いています。
あっさり醤油に煮干しが主張しています。
ほほ…。
麺は中細のストレートで、腰もまあまああります。
総じて今風のオシャレ系ラーメンです。
そう言えば、ギブソンさんからコメントをいただいた山口市吉敷の「中華そば 壇」が、去る10日にオープンしました。
こちらも煮干しラーメン好きとしてはありがたいです。

鉄板 飛龍'S」、美味しかったです。

場所:山口県光市島田一丁目10-3 AAビル 1F(Googleマップ
電話:0833-48-8505
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後10時(金曜、土曜、祝日の前日は午前0時)
定休日:日曜、不定
メニュー:自家製にぼしラーメン(600円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一風堂 袋町店@広島県広島市中区 ☆☆ [広島県広島市中区]

2021_04_12_01.JPG
外観

2021_04_12_02.JPG
メニュー

2021_04_12_03.JPG
メニュー

2021_04_12_04.JPG
尾道ラーメン

松山選手のマスターズ優勝に感動しました!
おめでとうございます!
前週のオーガスタ女子アマで、日本人初優勝を飾った梶谷選手も忘れてはいけません!
こちらも改めておめでとうございます!
さて、所用で広島市に行きました。
ラーメンは老舗店を探し、「中華そば 千番」に決めました。
土曜の正午でしたが、あいにくの時間外…。
よって、「一風堂 袋町店」に行きました。
同店の限定メニューの尾道ラーメンを注文しました。
そのラーメン、スープは背脂の入った醤油です。
スープは基本の白丸元味より少し太いストレートです。
いわゆるの尾道ラーメンとはやや違います。
「一風堂が尾道ラーメンを作るとこうなるたい!」を感じます。
「一風堂」は白・赤のラーメンに、汚い・入りづらいとされていたラーメン店のイメージをがらりと変えました。
今では色々なラーメン店が「一風堂」をオマージュしています。
そして、ラーメンを通して色々なことにチャレンジされていらっしゃいます。
ちなみに、山口市の「カフェ米蔵」の店主は以前、福岡市の「とら食堂 福岡分店」にいらっしゃいましたが、それに関わったのも「一風堂」と聞いています。
こうなると、無責任に「広島ラーメンを作るとこうなるたい!」も味わってみたいです。

「一風堂」の提案する尾道ラーメンは楽しかったです。

場所:広島県広島市中区袋町2-2(Googleマップ
電話:082-504-3536
営業時間:午前11時~午後11時(日曜は午後9時まで)
定休日:
メニュー:尾道ラーメン(830円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -