SSブログ
広島県広島市西区 ブログトップ

中華そば つばめ@広島県広島市西区 ☆☆ [広島県広島市西区]

2020_03_08_01.JPG
外観

2020_03_08_02.JPG
メニュー

2020_03_08_03.JPG
中華そば

去る三連休の二日目は、広島県に脱出です。
ちなみに広島市でいえば、「寿楽亭」と「らーめん ふじもと」が宿題です。
同市には鳥の名前がついているラーメン店があります。
中華そば めじろ」や「中華そば うぐいす」等、いわゆる「小鳥系」です。
そのひとつの「中華そば つばめ」に、妻とお伺いをしました。
同店は100メーター道路(平和大通り)沿いにあります。
いつ来ても、この100メーター道路は美しいと感じます。
広島市のシンボルである路面電車が、ここを走っていないのは残念です。
山口方面から来ると、路面電車は新己斐橋を渡った後、西観音町の電停から左折します。
そして、すぐの天満町の交差点を右折します。
これは無駄でしょう。
西観音町の電停から100メーター道路をまっすぐに進み、田中町の交差点を左に折れ、そのまま広島駅に向かったほうがいいと思います。
広島駅については、路面電車を高架にするそうですが、これはいけません。
路面を走ってこその路面電車です。
駅前の混雑には目をつぶりましょう。
その前に、在来線を高架化しなければいけません。
猿猴橋町から二葉通りに向かう踏切は死にます。
博多駅、名古屋駅は然り、防府駅でさえも高架化されています。
在来線を高架化して、駅ビルを建て替えて、広島空港を観音に造って、広島大学を市内に戻しましょう。
高速4号は無料化、西バイも早期に完成させましょう。
スポーツはカープサンフレだけではありません。
ドラゴンフライズJTサンダーズ、そしてレオリックも応援しましょう。
これらを放送するテレビ東京系列のテレビ局も誘致しましょう。
栄えある広島市にして、福岡市を追い抜いてやりましょう。
さて、「中華そば つばめ」のラーメンは広島ラーメンのスタンダードでした。
旨い。
次から次へと来客、あっという間に満席になりました。
こうなると「小鳥系」を全て巡ってみたくなりました。

広島ラーメンはいいです。

住所:広島県広島市西区東観音町3-25(Googleマップ
電話:082-295-6939
営業時間:午前11時半~午後11時
定休日:日曜
メニュー:中華そば(650円)
nice!(4)  コメント(2) 

麺屋 我馬(がば) 三篠本店@広島県広島市西区 ☆☆ [広島県広島市西区]

2019_08_21_01.JPG
店外

2019_08_21_02.JPG
メニュー

2019_08_21_03.JPG
メニュー

2019_08_21_04.JPG
赤うま・こく味

2019_08_21_05.JPG
白うま・あっさり味

所用で妻と広島市に行きました。
せっかくなのでラーメンです。
未訪の「麺屋元就」を目指すも、「従業員の熱中症対策のため、8月は閉店」の貼り紙がありました。
残念。
どうするか。
未訪の「麺屋 我馬 三篠本店」に進路変更です。
「我馬」には何度か行っていますが、本店は初めてです。
やはり、一度は本店でいただかないといけません。
店の前の駐車場は狭いです。
というより、昨今の車が無駄に大きすぎです。
さすがに本店です。
接客等がテキパキしています。
赤うまと白うまを注文しました。
まさにリトル「一風堂」です。
なるほど。
しかし、「大名本店」でいただいたような感動はありません。
こうしたラーメンが増えているからでしょうか。
舌が肥えましたか。
私の偏見です。
広島にも「一風堂」があります。
しかし、福岡に「我馬」はありません。
力関係もあるでしょうが、こうした節操が好きです。
仮に広島で「我馬」と「一風堂」が並んでいれば、私は躊躇(ちゅうちょ)することなく「我馬」に入店です。
広島では、やはり「我馬」です。

広島に「一風堂」の風を運んできた「我馬」の功績は大きいと思います。

住所:広島県広島市西区三篠町三丁目22-4(Googleマップ
電話:082-230-8141
営業時間:午前11時~午前2時
定休日:火曜
メニュー:赤うま・こく味(780円)、白うま・あっさり味(680円)

nice!(9)  コメント(0) 
広島県広島市西区 ブログトップ