SSブログ
山口県山口市 ブログトップ
前の10件 | -

中華そば 壇 小郡店@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2021_04_29_01.JPG
外観

2021_04_29_02.JPG
メニュー

2021_04_29_03.JPG
メニュー

2021_04_29_04.JPG
案内

2021_04_29_05.JPG
こく煮干し

中華そば 壇 吉敷店」が新規オープンしたようです。
いいことです。
そのオープンとは関係はありません。
中華そば 壇 小郡店」に行きました。
お店の前からは、いりこ(=煮干し)の香りがぷんぷんと漂ってきます。
いいことです。
久し振りのいりこラーメンなので、こく煮干しをお願いしました。
スープはどろどろです。
どろどろいりこです。
これでもか!のいりこスープです。
これに、中細でやや縮れのある麺が絡みます。
濃厚で言えば豚骨の「魁龍」、どろどろで言えば謎の「天下一品」と肩を並べます。
改めて「中華そば 壇 小郡店」の凄さを感じました。
旨い!
明るい接客がいいです。
ここに少しの知り人がいます。
某店のことを尋ねられましたが「そことは全く違うでしょう」と答えました。
某店は愛想が無さそうなので未訪です。
山口市にVIPが来た際、ラーメンの招待となればここです。
いりこが苦手と言われれば「カフェ 米蔵」です。
豚骨ラーメンの指名があれば「江戸金」。
同店の前で「この臭いは」…、となれば「山形屋」に変更。
「山形屋」が閉まっていれば「小郡三久」に直行です。
側近は、「小ホホ食堂」と「ちゃばちゃば」に連れて行きます。
船木屋」も開店をしていれば併せて招待です。
おみやげは御堀堂の外郎を持たせます。

こく煮干しは、いりこラーメンの究極です。

場所:山口県山口市小郡下郷3383(Googleマップ
電話:
営業時間:午前11時~午後2時
定休日:日曜
メニュー:こく煮干し(800円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

三久ラーメン 小郡店@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2021_04_28_01.JPG
外観

2021_04_28_02.JPG
メニュー

2021_04_28_03.JPG
ラーメン

私が小・中学生だった昭和50年代、山口市のラーメンと言えば湯田の「おそ松(閉店)」、駅通りの「江戸金(移転)」、大内の「どさんこ(閉店)」、そして小郡の「三久」ぐらいでした。
よく行きました。
なぜか郵便局の向かいの「亀山(閉店)」は選択肢に入りませんでした。
山口市もラーメン店が増えました。
先日も「中華そば 壇 吉敷店」がオープン、まさに群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)です。
山口市のラーメンを全て数えると、どのくらいになりますか…。
未訪店も多いです。
久し振りに小郡の「三久」に行ってみました。
この日は先代の大将と女将がいらっしゃいました。
あいさつをしたところ「元気ですよ!」と言われました。
良かったです。
さてラーメン。
同店は代替わりをしていますが、やはり「小郡三久」のそれです。
チーム二代目が、先代の味を継承されています。
旨味調味料の効いた豚骨スープに、短めのストレート中細麺。
厨房の羽釜が音を立てています。
令和の時代、もはやこうしたラーメンが新規オープンすることはないでしょう。
5Gのスマホに対して黒電話を販売するようなものです。

そう思うと、改めてチーム二代目に感謝です。

場所:山口県山口市小郡上郷2591(Googleマップ
電話:083-973-1239
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:火曜
メニュー:ラーメン(590円)
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメン 天一@山口県山口市 [山口県山口市]

2021_02_27_01.JPG
告知

サンパークあじすの「ラーメン 天一」が閉店していました…(驚)。
宇部市にあった当時は濃厚でしたが、サンパークあじすに移ってからはあっさりになりました。
昭和を感じる優しいラーメンで好きでした。
残念ですが、今までに感謝です。

美味しいラーメンをありがとうございました!

住所:山口県山口市阿知須4825-1 サンパークあじす(Googleマップ
電話:0836-65-1555
営業時間:
定休日:
メニュー:
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

長州酒場 魚有(うおんちゅう)@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2021_01_28_01.JPG
外観

2021_01_28_02.JPG
メニュー

2021_01_28_03.JPG
マグロ豚骨ラーメン

ようやく行きました。
山口市の「長州酒場 魚有」です。
同店はYUTAKAグループの居酒屋ですが、ラーメンも提供されていらっしゃいます。
自宅から近いと後回しになります。
マグロの料理に力を入れてらっしゃるようで、ラーメンにもマグロがあります。
ということで、マグロ豚骨ラーメンをいただくことにしました。
YUTAKAグループはどの店も元気で気持ちがいいです。
取って付けたような接客でないので好感を持てます。
そのマグロ豚骨ラーメン、ベースの豚骨スープは濃厚です。
背脂も浮かんでいます。
飲んでみると、マグロ?の味を感じます。
私はマグロの味を知りません。
よって、なるほど…、の感覚です。
中細麺はストレートで腰が強いです。
面白いです。
マグロのラーメン、私は初めてかもしれません…。
これで、YUTAKAグループが展開するラーメン(九醤豚骨ラーメン YUTAKA鶏白湯らーめん 三代目YUTAKA湾岸ラーメン食堂横浜家系らーめん 五代目YUTAKA本気豚骨 虎一、長州酒場 魚有)を一通りいただきました。
もとい、福岡県北九州市に「博多火炎辛麺赤神 小倉魚町店 」がございました。
個性豊かなラーメンのスープは押しなべて濃厚で、麺は腰が強めです。
どのラーメンにもYUTAKAのアイデンティティを感じます。

これが凄いです。

住所:山口県山口市湯田温泉三丁目1-21 ダミエビル 1F(Googleマップ
電話:050-5594-2421
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時~午前0時
定休日:日曜
メニュー:マグロ豚骨ラーメン(800円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北浦中華そば いっかん@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2021_01_17_01.JPG
外観

2021_01_17_02.JPG
メニュー

2021_01_17_03.JPG
説明

2021_01_17_04.JPG
極 百姓庵の塩煮干しそば

2021_01_17_05.JPG
キレ 醤油煮干しそば

妻と山口市の「北浦中華そば いっかん」にお伺いをしました。
普通の「中華そば」ではなく、「北浦中華そば」です。
同店の意気込みを感じます。
昨年8月のオープンで、山口宇部経済新聞に詳しく書かれています
極 百姓庵の塩煮干しそばと、キレ 醤油煮干しそばを注文しました。
まずはどちらもスープの量が少ないです。
意図は分かりませんが、私としてはもう少し多くして欲しいです。
味はどちらも今っぽく、はっきりしています。
麺は中細ストレートで、腰もしっかりしています。
美味しいと思います。
美味しいではなく、思います、です。
美味しいのですが、言い切れません。
昭和の生まれの保守右翼の私は、この美味しさに着いて行っていません。
お兄さんの丁寧な行程、お姉さんの優しい接客。
ずっと拝見していましたが、頭が下がります。
素晴らしいです。
帰る途中にチェーン店の前を通りましたが、結構な入りです。
山口市だけでも結構な数のラーメン店がありますが、いつも同じ店に行く人が多いと思われます。
変化を恐れチャレンジをしない、安定を好む公務員の山口市です。
そうした山口市で、煮干しを使ったラーメンをいただけるのはありがたいです。
山口市に「中華そば 壇」があります。
同じ煮干しを使ったラーメン店ですが、日曜は休みです。
そうなると、「北浦中華そば いっかん」の存在はありがたいです。
やはり、スープの量の少なさが気になります。
防府市の「まるにぼ」を意識しているのでしょうか。

美味しいと思います。

住所:山口県山口市平井1660-10(Googleマップ
電話:083-902-2214
営業時間:午前11時~午後2時(日曜は午後3時)
定休日:日曜、祝日
メニュー:極 百姓庵の塩煮干しそば(700円)、キレ 醤油煮干しそば(700円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメン居酒屋ひなた@山口県山口市 ☆ [山口県山口市]

2020_12_27_01.JPG
外観

2020_12_27_02.JPG
メニュー

2020_12_27_03.JPG
基本の醤油ラーメン

新山口駅の在来線口側には、旧小郡町時代の歓楽街があります。
今は規模が小さくなっているので、飲み屋街と呼んだほうが正しいかもしれません。
居酒屋を始め、バー、スタンド、スナック…等があります。
キャバレーも?
ソ〇プはありません。
寒いなか、セクシーなお姉さんが立っていました。
営業努力に頭が下がります。
夜営業ですが、ラーメンを提供するお店も結構あります。
そのひとつである「ラーメン居酒屋ひなた」に行ってみました。
ラーメンは4種類あります。
初めてなので基本の醤油ラーメンを、背脂なしで注文しました。
若いお兄さんお姉さんのお二人が切り盛りされていらっしゃいました。
明るく愛想もいいです。
さてさてラーメン、あっさりとした醤油スープです。
醤油感をほとんど感じません。
よく言われる鶏がらスープといった雰囲気で、ほんの少しの甘味を感じます。
麺は中細で、ほんの少しのウェーブがあります。
エッジもやや感じ、腰は弱めです。
お酒を飲みながらいただく、もしくはお酒の〆にいただくには、ちょうどいい加減です。
優しい口当たりで、素面(しらふ)の私でもいけます。
同店は今年8月にオープンされたようです。

コロナ禍のなかで大変ですが、下記のラーメン店を含めて応援します。

住所:山口県山口市小郡下郷1253-1(Googleマップ
電話:083-976-6669
営業時間:午後5時~午後11時
定休日:不定
メニュー:基本の醤油ラーメン(690円)

追記

昨晩(2020年12月26日)、新山口駅の在来線口側をウロウロしてみました。
私の知っている範囲でラーメンを提供するお店を記しておきます。
ぜひともラーメンをいただいて下さい。

2020_12_27_04.JPG
ぎょうざのやっさん

2020_12_27_05.JPG
しんちゃんラーメン

2020_12_27_06.JPG
〆らー

2020_12_27_07.JPG
BLACK SHIP 72

2020_12_27_08.JPG
屋台居酒屋大阪MANMARU 新山口北口店
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横浜家系ラーメン 一四家@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2020_11_04_01.JPG
外観

2020_11_04_02.JPG
メニュー

2020_11_04_03.JPG
メニュー

2020_11_04_04.JPG
ラーメン・醤油

2020_11_05.JPG
ラーメン・塩

家系というラーメンがあります。
「横浜を中心に広がる、トンコツ醤油ラーメンを出すお店の総称。
『吉村家』から独立したお店の多くが『六角家』『近藤家』『介一家』など『家』の字を使った屋号だった事からそう呼ばれるようになった。
最近は『吉村家』の弟子系列以外にも、そのスタイルに追随するお店も少なくない。
吉村家自身が99年秋の移転に伴い『家系総本山』と名乗り、マスコミ等でも随分取り上げられるようになったが、元々はインターネットから出てきた、れっきとしたフリーク用語である」。
新横浜ラーメン博物館のホームページには、こう記してあります。
「豚骨や鶏ガラから取った出汁に醤油のタレを混ぜた『豚骨醤油ベース』のスープ、太い中華麺と、ホウレンソウ、チャーシュー、海苔のトッピングで構成される。
麺の硬さや油の量、味の濃さを好みに応じて調整してもらえるのが一般的である」
こちらはウィキペディアからです。
山口市に家系のラーメン店がオープンしたので、妻とお伺いをしました。
横浜家系ラーメン 一四家」です。
私はド素人なので、家系がどうとかは分かりません。
しかし、ラーメンが細分化、多様化することはいいことだと思います。
山口市で横浜市のラーメンがいただけるとは、ありがたいです。
ラーメンの醤油と塩を注文しました。
店内に券売機があります。
いつもいつも、本当にいつも思うのですが、券売機の場合は、その前にメニューを選べるようにして欲しいです。
当然、券売機の前で無駄な混雑が発生します。
同店であればラーメンに醤油と塩があるので、券売機にラーメン・醤油、ラーメン・塩を設けて欲しいです。
戸惑う客で、これまた無駄な混雑です。
作り手が自ら客として並んだことがないのでしょう。
自身の店を知るという意味で、一度は作り手が自ら客として並んでみるべきです。
文句が多くなりましたが、従業員の接客は明るくて気持ちがいいです。
さてラーメン。
スープはどちらも油濃厚です。
麺はどちらも細麺をお願いしました。
家系であれば太麺にするべきだったと後悔しました。
どちらも油が強く、少々ヘビーです(笑)。
50歳を過ぎた私には、こうした味付けは厳しいです…(汗)。
へたれてしまいました…。
バチバチしたラーメンです。
個性が強いので、食べ手を選ぶでしょう。
よって、はまればはまるラーメンです。

家系の山口市進出に拍手です!

住所:山口県山口市黒川82-1 ハイパーモールメルクス山口(Googleマップ
電話:083-941-5814
営業時間:午前11時~午108時
定休日:
メニュー:ラーメン・醤油(680円)、ラーメン・塩(680円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多屋台 ともちゃん@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2020_10_25_01.JPG
外観

2020_10_25_02.JPG
メニュー

2020_10_25_03.JPG
メニュー

2020_10_25_04.JPG
博多豚骨ラーメン

2020_10_25_05.JPG
豚キムチラーメン

津和野に行く途中で、阿東徳佐の「博多屋台 ともちゃん」へ寄ってみました。
午後6時ぐらいから午後10時までの居酒屋です。
そもそも阿東徳佐に居酒屋は珍しいです。
そういえば、図書館の近くにスナックがあったような気がします。
私が公務員をしていた阿東生雲にも、当時はスナックがありました。
その「ともちゃん」が、土日の昼にラーメンを提供されています。
妻とで、博多豚骨ラーメンと豚キムチラーメンを注文しました。
まずは基本の博多豚骨ラーメン。
スープは白い博多豚骨かと思いきや、醤油豚骨です。
濃い口でしっかりとした厚みがあります。
麺はストレートで細く、こちらは博多ナイズです。
豚キムチラーメンはこれに豚キムチが載ります。
本格的です。
旨い。
博多ラーメン特有のストレート麺が、スープに絡みます。
専門店ではないので、ちょちょいのちょいと思っていましたが、そんなことはありませんでした。
もしかすると、今後はラーメン専門店に化けるかもしれません。
そんなことを想わせます。
ラーメンは、美味しければ多少不便なところにあっても人は行きます。
愛想の良さもラーメンにしみ込んでいました。

同店のご活躍に期待です。

住所:山口県山口市阿東徳佐下45-2(Googleマップ
電話:080-9792-8666
営業時間:
定休日:月曜
メニュー:博多豚骨ラーメン(600円)、豚キムチラーメン(850円)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ちゃばちゃば@山口県山口市 ☆☆☆ [山口県山口市]

2020_09_13_01.JPG
外観

2020_09_13_02.JPG
メニュー

2020_09_13_03.JPG
メニュー

2020_09_13_04.JPG
メニュー

2020_09_13_05.JPG
豚骨らーめん

以前、山口市でネオなラーメンとして「船木屋」、「小ホホ食堂」、そして「ちゃばちゃば」の3店を紹介しました。
ちなみに「ネオ」とは、「新しい、近代の」を意味するギリシア語です。
今でもそう思っていますが、残念ながら「船木屋」は現在、営業自粛として閉店されています。
同店の早い開店を祈っています。
そのひとつである「ちゃばちゃば」に行きました。
新規オープン当時はうどんがメインでしたが、今はすっかりラーメンになりました。
正解だと思います。
久しぶりなので、改めて基本の豚骨らーめんを注文しました。
豚骨スープは濃厚です。
しかも豚骨特有の獣臭がしません。
私は豚骨の臭いに抵抗はありませんが、苦手な人にはありがたいです。
麺は少し縮れのある中細で、ぷりぷりとしています。
スープも麺も個性が強いので、調和といったところは?です。
しかし、これがネオなのかもしれません。
おいしいです。
作り手の情熱、志(こころざし)を感じます。
それほど遠くないところに山口市で一番、行列ができている不思議店があります。
そこに並ぶ時間があればここに来たほうが人生が豊かになるのに、と思いながら行列をながめています。
私の後輩で岩国市に行けば必ず「スエヒロ」という男がいます。
岩国市にも色々とラーメン店があるのですが。
人それぞれでした。

やはり「ちゃばちゃば」はネオでした。

住所:山口県山口市吉敷中東四丁目22-20(Googleマップ
電話:083-923-9270
営業時間:午前11時~午後2時半、午後6時~午後8時半(夜営業は金曜、土曜のみ)
定休日:水曜、木曜
メニュー:豚骨らーめん(690円)
nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

レストラン 柚香菊(ゆうがきく)@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2020_07_30_01.JPG
外観

2020_07_30_02.JPG
メニュー

2020_07_30_03.JPG
広東麺

レストラン 柚香菊」にお伺いをしました。
同店は山口市のデパート、「井筒屋 山口店」の5階にあります。
ショッピングモールではありません。
デパート(=百貨店)です。
私は地場のデパートが好きです。
県外に出かけた際は、必ずそこの旗艦店に寄ります。
山口県で日本百貨店協会加盟のデパートは、「井筒屋 山口店」と下関市の「大丸 下関店」の2店になりました。
寂しくなりました。
ん…、「ちまきや」の名前を残して欲しかった…。
ショッピングモールに人が集まる時代、デパートは大変です。
しかし、デパートは地域の顔です。
山口市はともかく広島市から「福屋」、福岡市から「岩田屋」、ましてや東京から「三越」が撤退したらどうなりますか…。
と言いながらも、時代は流れています。
その「レストラン 柚香菊」、地元にありながら未訪でした。
山口市民として申し訳なく思います。
麺はラーメンはありません。
広東麵が基本のようなのでこれにしました。
スープはあっさり醤油です。
中華料理独特の油濃いさはありません。
麺は中細で縮れがあり、腰もやわらかいです。
平日の正午前にお伺いをしましたが結構、繁盛していました。
驚きました。
客層は高齢者です。
よって、味付けもそうした方に受け入れられるようにしてあるのだと思います。
広東麵と名がついていますが、非常にあっさりしています。
これはこれであり、上手です。

しかし、山口市の高齢者は富裕層が多いです。

住所:山口県山口市中市町3-3 井筒屋 山口店 5F(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:広東麵(920円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県山口市 ブログトップ