SSブログ

串焼田八(でんぱち)@山口県長門市 ☆☆ [山口県長門市]

2021_07_05_01.JPG
外観

2021_07_05_02.JPG
メニュー

2021_07_05_03.JPG
特製ラーメン

長門市で所用です。
昼どきを迎えたので宿題店へ。
山口県の大御所が行かれた「串焼田八」です。
同市の歓楽街にあります。
こうしたご時世なので昼も営業です。
本当に頭が下がります。
愛想もいいので応援をします。
大御所のブログ、そして小ブログが少しでも宣伝になればと思います。
スープは醤油豚骨です。
醤油の方が強めで、背脂が入っています。
中細麺は若干の縮れがあり、エッジが効いています。
特製ラーメンと銘打ってありますが、特製はオーバーにしても適当ではありません。
ちょちょいのちょいは感じません。
非常に食べやすい醤油の方が強めの醤油豚骨ラーメンです。
長門市ではオンリーワンのような気がします。
ランチメニューとあるので、夜にラーメンを提供されていらっしゃるかは分かりません。
しかし長門市は、同じ山陰の萩市にくらべ、飲食店の元気を感じます。
ラーメンはまさに然りです。

ぜひぜひ、いただいてください。

住所:山口県長門市大字東深川946-14(Googleマップ
電話:0837-22-7696
営業時間:午前11時半~午後2時、午後5時~午後10時
定休日:昼営業は月曜、火曜
メニュー:特製ラーメン(600円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

関東軒@佐賀県唐津市 ☆☆☆ [佐賀県唐津市]

2021_07_04_01.JPG
外観

2021_07_04_02.JPG
メニュー

2021_07_04_03.JPG
メニュー

2021_07_04_04.JPG
志那そば

佐世保市の次は佐賀県唐津市です。
同市では昭和37年創業の「関東軒」です。
昭和37年とはすごいです。
午前11時の開店で少し前に着いたのですが、すでに待ち客がちらほら。
人気店のようです。
注文はやはり志那そばです。
スープは醤油です。
口あたりは優しいいのですが、しっかりとコクを感じます。
じわっときます。
麺は中細の平打ちで、縮れています。
この縮れがのどごしを面白くしてくれます。
優しくて旨い。
女性皆々さまの接客もきめ細やかです。
昭和37年創業の責任を背負ってらっしゃいます。
山口県界隈では見かけません。
醤油のラーメンではなく、まさに志那のそばです。

歴史をいただきました。

住所:佐賀県唐津市和多田先石四丁目2-8(Googleマップ
電話:0955-75-7154
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:
メニュー:志那そば(640円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

丸徳ラーメン@長崎県佐世保市 ☆☆ [長崎県佐世保市]

2021_06_30_01.JPG
外観

2021_06_30_02.JPG
ラーメン

佐賀市を後にして、次に向かったのが佐世保市です。
長崎県では長崎市の「思案橋ラーメン」もあったのですが、佐世保豚骨というジャンルに引かれ「丸徳ラーメン」にしました。
同店は佐世保市でも老舗店のようです。
佐世保市は初めての訪問です。
結構な都会に驚きました…。
店外は赤テントがまぶしいです。
店内はカウンター席のみでいさぎよいです。
まさに昭和です。
当然、ラーメンを注文です。
豚骨鶏がらのスープはあっさりしています。
佐賀でいただいた「一休軒 本店」にくらべ、マイルド感はなく塩気を少し感じます。
麺は中細ストレートで、腰は弱めです。
なるほど…、これが佐世保豚骨ですか…。
楽しいです。
大将と色々な話しをしましたが、フランクなお人です。
こういうお人の作るラーメンは美味しいです。
商いには愛想が必要です。

九州の豚骨ラーメンといっても、所(ところ)が変われば品(しな)が変わります。

住所:長崎県佐世保市白南風町6-4(Googleマップ
電話:0956-25-2836
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン(600円)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一休軒 本店@佐賀県佐賀市 ☆☆ [佐賀県佐賀市]

2021_06_28_01.JPG
外観

2021_06_28_02.JPG
生たまご入ラーメン

全国47都道府県でご当地、できれば老舗店でラーメンをいただくことが密かな目標です。
佐賀県と長崎県でいただいたことはあるのですが、小ブログの開設前でした。
よって、両県に再訪です。
まずは佐賀県。
同県は佐賀ラーメンが有名です。
色々な店がありますが、調べた結果「一休軒 本店」に決めました。
山口市から車で3時間、佐賀市に到着です。
佐賀ラーメンは生玉子が特徴のようなので、生たまご入ラーメンを注文しました。
店内は狭く、老舗の空気が漂います。
非常に好きです。
さてラーメン、豚骨スープはあっさりまろやかです。
獣臭がしません。
元ダレも優しいです。
中細ストレート麺は、ほどよい柔さです。
すべてがマイルドになっています。
山口県で言うと、下関市の「ラーメンハウス 一龍軒」のような装いです。
しかし、似て非なります。
美味しいです。

佐賀ラーメンを完食です。

住所:佐賀県佐賀市若楠二丁目6-24(Googleマップ
電話:0952-33-1688
営業時間:
定休日:
メニュー:生たまご入ラーメン(700円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

島cafeアダン@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2021_06_24_01.JPG
外観

2021_06_24_02.JPG
メニュー

2021_06_24_03.JPG
鶏飯ラーメン・小鉢

宿題店であった「島cafeアダン」にお伺いをしました。
外観はビューティフルライフの最終回の美容院のようで、店内は山口市にあったクリームソーダのようです。
レノファ山口のユニフォーム等が飾ってあり、レノファの試合のときは出店されるそうです。
若い女将さん?がおっしゃっていました。
当然、鶏飯(けいはん)ラーメンの注文です。
「鶏飯」というのは奄美大島の郷土料理だそうで、詳しくはウィキペディアで解説してあります。
さてさて配膳されました。
スープはあっさりした鶏ベースで、ゆずが入れてあるそうです。
若い女将さん?がおっしゃっていました。
これにしいたけが入っており、スープにアクセントを与えます。
不思議な味です。
これにエッヂの効いたツルツル中細麺がからみ、いえ、なじみます。
私は奄美大島に行ったことはありませんが、ラーメンに奄美を感じます。
奄美ラーメンと思いたい。
そんなラーメンです。
面白いです。
こうした雰囲気のラーメンは、山口県ではここだけかもしれません。
小鉢のから揚げも美味しいです。
わざわざのテイクアウトのかいはあります。
若い女将さん?の情熱に負けないよう、レノファも頑張ってください。
ちなみに私はサンフレフびいきです…。

勝手に奄美ラーメンを、一度はいかがでしょうか。

住所:山口県山口市小郡上郷4423(Googleマップ
電話:083-902-1543
営業時間:午前11時~午後2時、午後6時~午後8時
定休日:月曜、火曜
メニュー:鶏飯ラーメン・小鉢(800円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お食事処 みなと亭@山口県周南市 ☆☆☆ [山口県周南市]

2021_06_20_01.JPG
外観

2021_06_20_02.JPG
メニュー

2021_06_20_03.JPG
メニュー

2021_06_20_04.JPG
Wスープ松脇ラーメン

周南市須々万の「お食事処 みなと亭」です。
同店のラーメンは長い間の宿題入りでした。
ようやくです。
周南市中心部から山間部にのぼっていきます。
国道315号を使うのですが、結構な勾配とカーブです。
須々万地区はご高齢者が多いようですが、市内中心部に向かわれる際は、みなさん、ここを通られるのでしょう。
大変です。
さて、「お食事処 みなと亭」は和風の食事処です。
外観からも品のよい食事処です。
さっそくWスープ松脇ラーメンをお願いしました。
Wスープは、豚骨と煮干しをブレンドしてあるそうです。
そのスープ、非常に優しいです。
豚骨感はしません。
と言って、煮干し感もしません。
あっさり醤油ですが、複雑な感じは伝わってきます。
麺は中細ストレートで、腰も優しいです。
勧められた豆板醤を途中で入れると、当然ながらピリっと味が変わります。
まさしく、「一蘭」や「ラーメンショップ」の手法です。
あっさり感にスパイスが効くので、これはこれでいいです。
ここは和風の食事処です。
やはり、ラーメン屋さんのつくるラーメンとは違います。
私の好きな、和風の食事処ならではのそれです。

国道315号をのぼるかいはあります。

住所:山口県周南市大字須々万本郷251(Googleマップ
電話:0834-88-2371
営業時間:午前11時~午後2時、午後5時~午後7時
定休日:水曜
メニュー:Wスープ松脇ラーメン(660円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

泰斗らーめん@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2021_06_19_01.JPG
外観

2021_06_19_02.JPG
メニュー

2021_06_19_03.JPG
メニュー

2021_06_19_04.JPG
メニュー

2021_06_19_05.JPG
メニュー

2021_06_19_06.JPG
メニュー

2021_06_19_07.JPG
メニュー

2021_06_19_08.JPG
メニュー

2021_06_19_09.JPG
メニュー

2021_06_19_10.JPG
メニュー

2021_06_19_11.JPG
メニュー

2021_06_19_12.JPG
メニュー

2021_06_19_13.JPG
金のらーめん

2021_06_19_14.JPG
えびみそらーめん

魚正本陣」に行くも、この日は開店する様子がありません。
残念…。
ということで「泰斗らーめん」です。
こちらはオープン以来で、宿題ラーメンが増えています。
そのときは、とんこつらーめんと泰斗らーめんをいただきました。
美味しかった覚えがあります。
よって今回は、非動物系の金のらーめんとえびみそらーめんをいただきました。
まずは金のらーめん。
いりこのスープです。
なるほど…。
麺は中細で少し縮れがあり、腰はまあまああります。
続いてえびみそらーめん。
えびのスープです。
なるほど…。
麺は金のらーめんと同じです。
どちらも非常に分かりやすいベタなラーメンです。
演歌のように鉄則を踏んでいらっしゃいます。
なるほど…。
今回も美味しかったです。
しかし、これだけのメニューをよくこなされます。
大変です。
感心します。
こうしたご時世ですが、頑張って欲しいと思います。

まさにラーメンのデパート、いえドン・キホーテです。

住所:山口県下関市赤間町6-15(Googleマップ
電話:080-5755-6351
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後6時半~午後10時
定休日:水曜、第1日曜、第3日曜
メニュー:金のらーめん(450円)、えびみそらーめん(800円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ろくの家 宇部店@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2021_06_12_01.JPG
外観

2021_06_12_02.JPG
メニュー

2021_06_12_03.JPG
野菜ラーメン

野菜が好きです。
よって、「長崎ちゃんめん」の野菜たっぷりちゃんめんが好きです。
少食ですが、「春来軒」のばりそばは大盛りです。
どんどん」のうどんにはネギをしこたま入れます。
気になっていたのが「ろくの家」の野菜ラーメンです。
と言っても、お伺いをしたのはかなり前です…。
豚骨スープに野菜のエキスが染みています。
シャキシャキとした食感がいいです。
ちゃんぽんやちゃんめんと違って、細麺も合います。
なかなかのラーメンではありませんか。
美味しい。
こうなると、野菜増し増しが欲しいところです。

あるようでないラーメンです。

住所:山口県宇部市南小串二丁目5-18 シンセリティ小串 1F(Googleマップ
電話:0836-39-6602
営業時間:午前11時~午後11時半
定休日:
メニュー:やさいラーメン(880円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

来来亭 柳井店@山口県柳井市 ☆☆ [山口県柳井市]

2021_06_09_01.JPG
外観

2021_06_09_02.JPG
メニュー

2021_06_09_03.JPG
ラーメン

柳井市で仕事が続いた期間があり、同市の「来来亭 柳井店」に何度かお伺いをしました。
来来亭」では、やはりデフォルトのラーメンです。
麺はかためにして、それ以外はすべて普通で注文します。
どこでいただいても「来来亭」のそれは美味しいと思います。
そしてどこでいただいても、店内のテンションは高いです。
店長を始め、従業員の皆々さまは大変です。
店を閉めたあとはクタクタになるでしょう…。
ラーメンが美味しいので、そんなに無理しなくてもいいのではと、老婆心ながら思います。
この日もデフォルトのラーメンです。
夕方で私一人、しかも連チャンでしたので静かに対応していただきました。
これぐらいがちょうどいいです。
いつもの「来来亭」で満足です。
しかし麺は伸びるのが早いので、これからはバリカタぐらいがちょうどいいかもしれないと思いました。
メニューに「情熱…抜けません」とあります。
私なんぞは、恥ずかしながら情熱がありません。
情熱はそもそも、力は抜いてもいいと思います。
そうでなければ身体、心を壊します。
その昔、「来来亭」の社長がテレビで豪邸や高級車を自慢をしていました。
「この人、頭が悪いなあ…」と思いながら観ていました。
豪邸や高級車は、こうした末端の情熱のおかげです。
そうした想いまで頭が回らないようです。
店長を始め、従業員の皆々さまが豪邸や高級車を所有できる仕組みになっていれば別です。

「柳井店」での時間は美味しかったです。

住所:山口県柳井市南町三丁目4-11(Googleマップ
電話:0820-25-1288
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:
メニュー:ラーメン(680円)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

まーちゃん@山口県熊毛郡田布施町 ☆ [山口県熊毛郡田布施町]

2021_06_01_01.JPG
外観

2021_06_01_02.JPG
メニュー

2021_06_01_03.JPG
カレーラーメン

引続きカレーラーメンです。
田布施町の「まーちゃん」でご相伴(しょうばん)にあずかりました。
同店は、松村邦洋さんがよく訪れるということで有名です。
屋号のまーちゃんは、松村さんのまーちゃんかと思ったりします。
ある日の高校野球の山口県予選で、松村さんがスタンドで応援をされていらっしゃいました。
驚きました。
ラジオを拝聴していても、郷土愛にあふれています。
山口県のヒーローのお一人です。
さて、スープは非常にあっさりしています。
ベースの豚骨もそうですが、カレーも然り。
麺は中細ストレートで、エッジが効いています。
こちらもココイチとは対極のカレーラーメンです。
大衆食堂的なラーメン専門店には、これぐらいの優しい味がいいです。
「まーちゃん」のラーメンは総じてあっさりしています。
メニューにも書いてあったと思います。
昨今のゴテゴテ、バチバチラーメンに疲れた際は、同店のあっさりラーメンが癒(いや)してくれます。
温かい雰囲気もいいです。
松村さんが訪れる理由もよく解ります。

老若男女、万人に向けたカレーラーメンです。

住所:山口県熊毛郡田布施町大字波野2206-86(Googleマップ
電話:0820-52-5076
営業時間:午前11時~午後9時
定休日:木曜
メニュー:カレーラーメン(620円)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理