SSブログ
山口県下松市 ブログトップ
前の10件 | -

洋RUN 下松店@山口県下松市 ☆☆ [山口県下松市]

2020_10_17_01.JPG
外観

2020_10_17_02.JPG
券売機

2020_10_17_03.JPG
中華そば・並

学術会議の任命問題。
見事に釣られました(笑)。
そう見ています。
宇部市の「肉酒場肉増」の翌日は、下松市の「洋RUN 下松店」です。
牛骨醤油ラーメンを日をまたいでの連食です。
「洋RUN 下松店」はサンリブという商業施設のなかにあります。
しかし、スープは「本店」で作ってらっしゃるようです。
どこかで見ました。
間違っていたらごめんなさい。
よって、本格仕様です。
さすがに本場、宇部市の「肉酒場肉増」にくらべ、牛がパワフルです。
といっても、商業施設ベースに押さえられてる感が否めません。
麺はストレートの中細で、加水率が低いので歯ごたえがあります。
やはり、下松牛骨醤油ラーメンの王道です。
「肉酒場肉増」とは真逆です。
ベクトルが相反しています。
私はどちらも好きです。
牛骨醤油ラーメンの多様性を感じました。
こうなると、とことん濃厚なそれに出会いたいです。

商業施設で本格の下松牛骨醤油ラーメンをいただける環境はありがたいです。

住所:山口県下松市花岡六丁目8-1 サンリブ 下松店 1F(Googleマップ
電話:0833-41-5008
営業時間:
定休日:
メニュー:中華そば・並(620円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山陽自動車道 下松サービスエリア(上り線)@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2020_07_10_01.JPG
メニュー

2020_07_10_02.JPG
ねぎラーメン

下松サービスエリア上り線のねぎラーメンです。
醤油ベースのスープにねぎがシャキシャキしてなかなかです。
優しい歯ごたえのある野菜はラーメンに合います。
そうなると、もやしラーメンもありかもしれません。
いずれにせよ、ねぎとラーメンの組み合わせを考えた人は凄いと思います。
しかし、高速道路公団も民営化されて良くなりました。
ラーメンも然りですが、トイレがきれいになりました。
清掃をしていただく方に本当に感謝です。

まあ、こんな感じです。

住所:山口県下松市大字切山1358 山陽自動車道 下松サービスエリア(上り線)(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:ねぎラーメン(740円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山陽自動車道 下松サービスエリア(上り線)@山口県下松市 ☆☆ [山口県下松市]

2020_05_30_01.JPG
外観

2020_05_30_02.JPG
メニュー

2020_05_30_03.JPG
券売機

2020_05_30_04.JPG
豚骨ラーメン

岩国市と宇部市を行ったり来たりが続いています。
下松サービスエリアの上り線でラーメンです。
選択肢は限られており、今回は豚骨ラーメンです。
九州からの客を意識した、博多ラーメンに仕上げられています。
あっさり豚骨にストレート細麺です。
まさしくベタです。
よって、メニュー名も豚骨ラーメンと、面白くもくそもありません。
まさしく、山田太郎です。
全国の山田太郎さん、ごめんなさい。
山口県にはご当地ラーメンが多くあります。
豚骨であれば、宇部ラーメンや、私が勝手に想う下関ラーメンもあります。
九州からの客に忖度(そんたく)せず、山口県のサービスエリアであれば山口県のラーメンを提供しろよ、と言いたくなります。
言いたくなるはオーバーでした。
少し思っただけでした。
むきになることではありません。

普通に美味しかったです。

住所:山口県下松市大字切山1358 山陽自動車道 下松サービスエリア(上り線)(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:豚骨ラーメン(700円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山陽自動車道 下松サービスエリア(下り線)@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2020_05_12_01.JPG
外観

2020_05_12_02.JPG
メニュー

2020_05_12_03.JPG
下松きららラーメン

岩国市で仕事が続いています。
帰りに下松サービスエリア下り線でラーメンをすることにしました。
コロナの影響で午後8時までの営業です。
ぎりぎりの滑り込みです。
前回は下松牛骨ラーメンをいただいたので、今回は下松きららラーメンです。
券売機上に「とりがらスープのしょうゆラーメンです!」とあります。
ということは、普通のあっさり醤油ラーメンと推測されます。
その下松きららラーメン、やはり推測どおりです。
普通のあっさり醤油ラーメンです。
どこがきららなのか。
気持ちは解らなくもないですが、名前に意味がありません。
せっかくなので、徳山醤油ラーメンを提供してみてはいかがでしょうか。
下松牛骨ラーメン同様、周南地域のご当地ラーメンです。
県外の方には喜ばれると思います。

ここでは下松牛骨ラーメンです。

住所:山口県下松市大字切山1358 山陽自動車道 下松サービスエリア(下り線)(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:下松きららラーメン(710円)

追記

山口市のテイクアウト店を応援したい!」というフェイスブックを始めてみました。
情報があれば書き込んで下さい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山陽自動車道 下松サービスエリア(下り線)@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2020_04_20_01.JPG
メニュー

2020_04_20_02.JPG
下松牛骨ラーメン

政府が国民に10万円を支給することになりました。
麻生のバカがまだ何か言っていますが、これは麻生財閥の金ではなく国民の税金です。
安倍と一緒に早く辞めてもらいたい…。
その10万円をいただければ、北海道にラーメンを食べに行きたいです。
寄付をする余裕はありません。
ラーメンに使います。
私は北海道に行ったことがありません。
札幌市の「味の三平」、旭川市の「蜂屋 本店」、そして函館市の「函館麺厨房あじさい 本店」が宿題店です。
いずれも北海道の味噌、醤油、そして塩の老舗店です。
楽しみです。
もちろん、コロナが落ち着いてからです。
こんなことでも考えないと、コロナ疲れをしてしまいます…。
せっかくなので沖縄県(ここも未訪)にも行ってみたいです。
岩国市での仕事の帰り、下松サービスエリア下り線でラーメンにすることにしました。
そのラーメンは下松牛骨ラーメンと下松きららラーメンの二種類です。
前者が牛骨醤油、後者が鶏がら醤油です。
しかし、未だに「きらら」とは…(笑)。
前者を注文しました。
夜なので、客はほとんどいません。
まあ、可もなく不可もなく、普通に美味しかったです。
やはり、甘辛い牛骨醤油はいいですネ。
山口県の貴重なラーメンです。
しかし、サービスエリアでご当地ラーメンをいただけるとは。

まさに民営化の効果です。

住所:山口県下松市大字切山1358 山陽自動車道 下松サービスエリア(下り線)(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:下松牛骨ラーメン(710円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

みさわ@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2020_02_29_01.JPG
外観

2020_02_29_02.JPG
メニュー

2020_02_29_03.JPG
ラーメン・しょうゆ味

私にとって“みさわ”といえば、プロレスラーの故三沢光晴です。
テーマ曲の「スパルタンX(注、You Tubeにリンク)」を聞くと、今でも「み・さ・わ!み・さ・わ!」の声が脳裏によみがえってきます。
それでいうと、ミル・マスカラスの「Sky High(注、You Tubeにリンク)」、桜庭和志の「SPEED TK RE-MIX(注、You Tubeにリンク)」が好きです。
その昔、目覚まし時計をアントニオ猪木の「炎のファイター 〜INOKI BOM-BA-YE〜(注、You Tubeにリンク)」にしていましたが、あまりにも賑やかなのでほこりをかぶっています。
地元、長州力の「パワー・ホール(注、You Tubeにリンク)」を忘れてはいけませんでした。
初代タイガーマスクも。
妻は大谷晋二郎と同級生で、晋ちゃんと呼んでいます。
この世界の話しをすると止まらなくなります…(汗)。
下松市の「みさわ」にお伺いをしました。
随分前にもんじゃ焼きをいただいて以来です。
ラーメンの幟も掲げてあります。
メニューを拝見するに、相当の数があります。
ラーメンだけでも結構な種類です。
基本と思われるラーメン(しょうゆ味)を注文しました。
スープは薄い醤油で、麺は縮れのある中細です。
話しをお伺いするに、長く営業をされていらっしゃるとのことでした。
確かに店内の雰囲気は昭和のドライブインです。
無機質な昨今にあって、こうしたこてこてのお店は、私は落ち着きます。

ラーメンは当然、スパルタンではありませんでした。

住所:山口県下松市大字山田68-2(Googleマップ
電話:0833-46-1071
営業時間:
定休日:
メニュー:ラーメン・しょうゆ味(730円)
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

下松サービスエリア・上り線のフードコート@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2019_09_10_01.JPG
外観

2019_09_10_02.JPG
券売機

2019_09_10_03.JPG
ねぎラーメン

下松サービスエリア・上り線のフードコートに行ってみました。
どこかで昼食となり、あれやこれやと考えたあげく、ここに決まりました。
昔からお世話になったフードコートです。
私は以前、広島市に通勤をしていたことがあり、朝ラーをいただきました。
その後、高速道路は民営化をされ、トイレがきれいになりました。
もちろん、フードコートも立派になりました。
公務員、役所がいかにデタラメかというのがよく分かります。
ねぎラーメンを注文しました。
券売機で買うと、オーダーがそのまま通されるシステムになっています。
そのため、券売機で出てきた券を、カウンターに持っていく必要がありません。
私も含め、このシステムにとまどうご高齢の方が散見されました。
しかも、「〇〇番の方!」、「〇〇番の方!」と声を挙げられます。
「ねぎラーメンをお待ちの〇〇番の方!」とは言われません。
個人情報が関係しているのでしょうか。
コンプライアンスといい、個人情報といい、窮屈な世の中になってしまいました。
ねぎラーメン、スープは醤油なのですがスカスカです。
旨味も濃くも、ネギの甘味さえもありません。
ネギが多いばかりで、かんじんのベーススープがダメです。
麺は中細ストレートで、腰はまあまあ強いです。
しかし、スープがスープなので、バランスは崩れています。
安易です。
ねぎラーメンは、ただ単にねぎを入れればいいというわけにはいきません。
同サービスエリア・下り線では、上り線にない下松牛骨醤油ラーメンがあります。
そう思うとねぎラーメンばりそば、そして下松牛骨醤油ラーメンという山口県のご当地麺を、上下線で提供しようということでしょう。
素晴らしいことです。

気持ちは伝わって来ますが、このままではダメです。

住所:山口県下松市切山1476(Googleマップ
電話:
営業時間:
定休日:
メニュー:ねぎラーメン(730円)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

緑屋@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2019_06_22_01.JPG
店外

2019_06_22_02.JPG
メニュー

2019_06_22_03.JPG
ラーメン

専門店ではないラーメンも気になります。
「お食事処」のようなところのそれです。
宿題店が多くあります。
オースケさんからも情報をいただいております。
ありがとうございました(笑)。
さて、「緑屋」にお伺いをしました。
こちらは、共感するオスカル池田さんからです。
ちなみに、近くの「お食事処 美沢」も宿題です。
「チャーシュー煮汁に、スープの素が添加されてる感じかな?
味がバチバチで塩っ辛く、○ップヌードル系の味わい。
モヤシと人参をゴマ油で炒めたものをトッピングして香ばしさを演出。
チャーシューが立派だ(*・ω・)オー!溶け出した脂身の旨味がスープに深みを出してるかね。
中太の多加水麺はヤワメで、まぁ普通。
食堂のラーメンとしては中々のモノなんじゃないかな」。
オスカル池田さんは、こう評しました。
私は文章能力がありません。
ラーメンに、なかなかと思いませんでした。
まあまあでしょうか。
当然、本格的なラーメンではありません。
カウンターから大将の仕事が見えます。
麺上げと盛付けを丁寧にされていらっしゃいました。
几帳面(きちょうめん)な仕事に、大将の想いを感じます。

何でもないですが、「お食事処」ならではの優しいラーメンです。

住所:山口県下松市生野屋南三丁目6-1(Googleマップ
電話:0833-41-3405
営業時間:午前11時半~午後6時
定休日:水曜
メニュー:ラーメン(570円)
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

げんこつらーめん ゆめタウン下松店@山口県下松市 ☆ [山口県下松市]

2019_06_02_01.JPG
店外

2019_06_02_02.JPG
メニュー

2019_06_02_03.JPG
げんこつらーめん

2019_06_02_04.JPG
魚介とんこつらーめん

妻と下松市の「げんこつらーめん ゆめタウン下松店」に行ってみました。
多くの人で賑わっています。
デフォルトのげんこつらーめんと、魚介とんこつらーめんを注文しました。
以前のフードコートのラーメンといえば、まさしくそれなりでした。
今では本格的なラーメンがいただけます。
いいことです。
さてラーメン。
どちらも今風で、味付けが濃いです。
インパクトが必要なので、仕方がありません。
麺はエッジが効いて細いです。
デジタル時代に相応しい、ビッグデータを駆使して作られたラーメンです。
「ゆめタウン」のフードコートなので当然です。
いただいている方もスマホに夢中です。
これもデータに入っています。
よって、こんな感じになるのかもしれません。
接客は気持ちがいいです。

令和の始まりを象徴するラーメンです。

住所:山口県下松市中央町21-3 ゆめタウン下松店 1F(Googleマップ
電話:
営業時間:
メニュー:げんこつらーめん(593円)、魚介とんこつらーめん(695円)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

奴(やっこ)@山口県下松市 ☆☆☆ [山口県下松市]

2019_03_23_01.JPG
店外

2019_03_23_02.JPG
メニュー

2019_03_23_03.JPG
メニュー

2019_03_23_04.JPG
鴨南蛮醤油ラーメン・並

妻と下松市の「」にお伺いをしました。
豆腐料理をメインにした居酒屋ですが、ラーメンもあります。
ところで、山口市から周南市方面に行っていつも感じるのが、ガソリンの値段の高さです。
山口市に比べ3円、宇部市、下関市に比べ5円は高いです。
旧徳山市といえば出光興産、出光といえば「海賊とよばれた男」で有名になった出光佐三です。
その出光興産も石油精製をやめてしまいました。
海賊はあの世から何を思うでしょうか。
やはり、周南地域のガソリンの値段は高い。
駐車場は近くにあります。
女将さんが愛想よく出迎えて下さいました。
当然、鴨南蛮醤油ラーメンをお願いしました。
和風居酒屋なのでしっぽりした雰囲気です。
静かに待ちます。
こうした空間と時間が好きです。
その鴨南蛮醤油ラーメン、スープをいただくとほのかな甘い香りが鼻を突き抜けます。
鴨南蛮そばでよくあるそれです。
スープそのものも優しい甘さがあり、素材の複雑さを感じます。
野菜を含め、色々と仕込んでいらっしゃるそうです。
コクがあります。
麺は中細でストレートです。
腰はまあまあでしょうか。
しかし、まあまあさがスープと調和をしています。
全体的には鴨南蛮そばの雰囲気です。
これが「奴」でラーメンとして仕上げられました。
旨い。
落ち着いた雰囲気に落ち着いた鴨南蛮醤油ラーメンは旨い。
大人のラーメンです。
女将さんの接客も大人です。
丼ぶりも。
昨今の何でもありの新規店も、それはそれでありです。
若い方の情熱を感じます。
しかし、こうした老舗店もいいです。
大人の貫禄を感じます。
旨い。
ラーメンも姿勢も素晴らしい。

分かる人にしか分からないラーメンです。

住所:山口県下松市駅南二丁目6-20(Googleマップ
電話:0833-41-0633
営業時間:午前11時~午後2時、午後6時~午後11時
定休日:日曜
メニュー:鴨南蛮醤油ラーメン・並(650円)
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 山口県下松市 ブログトップ