SSブログ

農協レストハウス あぜみち@島根県鹿足郡津和野町 ☆ [島根県鹿足郡津和野町]

2021_01_31_01.JPG
外観

2021_01_31_02.JPG
メニュー

2021_01_31_03.JPG
味噌ラーメン

商売繁盛の祈願のため、島根県津和野町の太皷谷稲成神社に行きました。
お稲成さんは「稲が成る」ということで、食物の神さまです。
よって、「五穀豊穣」を祈願する農民にとっての神さまです。
この祈願が商人にも拡大していったので、「商売繁盛」の神様となったようです。
その城下町、津和野町でのラーメン、私が確認できているお店は5つあります。
田舎もん」、「レストラン あかね雲」、「かめりあ」、「なにわ」、そして「農協レストハウス あぜみち」です。
その内の1つの「農協レストハウス あぜみち」にお伺いをしました。
駐車場はお店の裏にあります。
津和野町に来ていつも困るのは駐車場です。。
コインパーキングはJR津和野駅の側だけで、後は管理人が常駐の1日500円のそれです。
昭和の田舎の観光地、そのままです。
これでは二度目の人は来ません。
そう言えば、山口県美祢市の秋芳洞もこうでした。
と言うことで、味噌ラーメンを注文しました。
ご高齢の女性が対応、そして調理して下さいます。
スープはあっさりしています。
麺は中細でやや縮れがあり、柔らかめです。
まさに昭和の味噌ラーメンです。
ご高齢の女性の暖かさが、ラーメンに表れています。
ほっとします。
令和の新規味噌ラーメン店では絶対に味わえません。

温もりました。

住所:島根県鹿足郡津和野町後田口64-2(Googleマップ
電話:0856-72-1884
営業時間:午前9時~午後5時
定休日:不定
メニュー:味噌ラーメン(650円)
nice!(3)  コメント(2) 

雷文@山口県柳井市 ☆☆ [山口県柳井市]

2021_01_29_01.JPG
外観

2021_01_29_02.JPG
メニュー

2021_01_29_03.JPG
メニュー

2021_01_29_04.JPG
横浜しょうゆ豚骨

某市に未訪の中華料理店があります。
宿題店でした。
正確には一度だけお伺いをしたことがあります。
その日は、「夜なので麺料理はできない」と断られたので退店をしました。
ある日の正午過ぎにお伺いをしました。
メニューが中国表記なのでよく分かりません…。
「叉焼麺」がチャシューメンということで、それをお願いしました。
するといきなり、「ちゃんぽん!ちゃんぽん!」と言われました。
ご主人?、女将さん?は大陸系のようです。
私はちゃんぽんをいただくつもりがなかったので、「叉焼麺をお願いしたいのですが…」と言うと、「ちゃんぽん!ちゃんぽん!ちゃんぽんしかダメ!」と言われました。
おそらくちゃんぽんしか用意ができなかったのでしょう。
あまりの一方的で高圧的な言い方に「結構です」と断ると、手に持っていたメニュー表を引き取られました。
さすが大陸系…。
「相手に悪いと思うのが日本人。相手が悪いと思うのが中国人」。
気を取り直して「雷文」に向かいました。
丁寧な接客に、「日本人で良かった」と思いました。
二郎系、横浜家系、そして塩豚骨と頑張っていらしゃいます。
未食の横浜しょうゆ豚骨にしました。
スープは脂が強く、醤油が濃いです。
麺は中太の平打ちです。
海苔とホウレンソウもあり、まさしく横浜家系です。
味はもちろんですが、心がこもっているのでとても美味しいです。
大将と女将さんのお子様でしょう。
元気なちびっ子がいます。
両親の仕事振りを見れるとは、いいことです。

お父さん、お母さん、応援しておりま~す!

住所:山口県柳井市南町二丁目5-21(Googleマップ
電話:050-5594-2421
営業時間:午前11時~午後1時半、午後5時半~午後9時
定休日:
メニュー:横浜しょうゆ豚骨(780円)
nice!(3)  コメント(0) 

長州酒場 魚有(うおんちゅう)@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2021_01_28_01.JPG
外観

2021_01_28_02.JPG
メニュー

2021_01_28_03.JPG
マグロ豚骨ラーメン

ようやく行きました。
山口市の「長州酒場 魚有」です。
同店はYUTAKAグループの居酒屋ですが、ラーメンも提供されていらっしゃいます。
自宅から近いと後回しになります。
マグロの料理に力を入れてらっしゃるようで、ラーメンにもマグロがあります。
ということで、マグロ豚骨ラーメンをいただくことにしました。
YUTAKAグループはどの店も元気で気持ちがいいです。
取って付けたような接客でないので好感を持てます。
そのマグロ豚骨ラーメン、ベースの豚骨スープは濃厚です。
背脂も浮かんでいます。
飲んでみると、マグロ?の味を感じます。
私はマグロの味を知りません。
よって、なるほど…、の感覚です。
中細麺はストレートで腰が強いです。
面白いです。
マグロのラーメン、私は初めてかもしれません…。
これで、YUTAKAグループが展開するラーメン(九醤豚骨ラーメン YUTAKA鶏白湯らーめん 三代目YUTAKA湾岸ラーメン食堂横浜家系らーめん 五代目YUTAKA本気豚骨 虎一、長州酒場 魚有)を一通りいただきました。
もとい、福岡県北九州市に「博多火炎辛麺赤神 小倉魚町店 」がございました。
個性豊かなラーメンのスープは押しなべて濃厚で、麺は腰が強めです。
どのラーメンにもYUTAKAのアイデンティティを感じます。

これが凄いです。

住所:山口県山口市湯田温泉三丁目1-21 ダミエビル 1F(Googleマップ
電話:050-5594-2421
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時~午前0時
定休日:日曜
メニュー:マグロ豚骨ラーメン(800円)
nice!(3)  コメント(0) 

丸源ラーメン 新下関店@山口県下関市 ☆☆ [山口県下関市]

2021_01_24_01.JPG
外観

2021_01_24_02.JPG
メニュー

2021_01_24_03.JPG
メニュー

2021_01_24_04.JPG
肉そば

2021_01_24_05.JPG
とんこつラーメン

妻と下関市の「丸源ラーメン 新下関店」にお伺いをしました。
山口県で「丸源ラーメン」は、今のところここだけです。
そのせいかどうかは分かりませんが、正午前には満席になりました。
醤油ラーメンが売りのようですが、豚骨、味噌、塩、そしてちゃんぽんや担々麵までもあります。
フルラインナップです。
初めてなので同店の一丁目1番地の肉そばと、一丁目2番地のとんこつラーメン(白)を注文しました。
まずは肉そば。
スープは3種類の醤油と色々な素材をブレンドしてあるそうです。
これに豚肉が入ります。
この豚肉の脂がほどよく溶けて、今風のはっきりとした味です。
麺は中細ストレートで、エッジが効いています。
そして腰が強く、今風のはっきりとした食感です。
続いてとんこつ(白)。
スープは醤油感が強いです。
こちらも今風のはっきりとした味です。
どちらも、わびさびのようなぼんやりとした雰囲気はありません。
0と1のみのデジタルな仕上がりです。
濃いです。
現在ではこうしたラーメンでないと支持されないのかもしれません。
嫌いではありませんが、温もりといったものは感じません。

時代を映すラーメンです。

住所:山口県下関市秋根西町二丁目6-33(Googleマップ
電話:083-227-4866
営業時間:午前11時~午前1時
定休日:
メニュー:肉そば(650円)、とんこつラーメン・白(650円)
nice!(4)  コメント(0) 

来来亭 柳井店@山口県柳井市 ☆ [山口県柳井市]

2021_01_23_01.JPG
外観

2021_01_23_02.JPG
メニュー

2021_01_23_03.JPG
メニュー

2021_01_23_04.JPG
メニュー

2021_01_23_05.JPG
カレーラーメン

柳井市の「雷文」のドアに臨時休業の張り紙がありました。
残念。
未訪の「上海菜館 龍華」も開いていなかったので、「来来亭 柳井店」にお伺いをしました。
最近はカレーラーメンがマイブームなので、これも何かの縁です。
「来来亭」にカレーラーメンがあるようですが、全ての店ではないようです。
当然、カレーラーメンです。
タッチパネルで注文、「来来亭」でこうしたシステムは初めてです。
そのカレーラーメン、とろっとしたスープは唐辛子の辛さが強いです。
「来来亭」と言えば唐辛子のピリ辛さが売りなので、それが効いているのでしょうか。
カレーのスパイシー辛さではありません。
唐辛子の辛さが強いです。
カットされた玉ねぎの食感を楽しむ余裕がありません。
舌がヒリヒリ、汗がダラダラ。
修行です。
麺は中太の縮れで、カレーラーメンによくある組み合わせです。
「来来亭」が作るとこうなるカレーラーメンです。

一押しにしては、唐辛子の辛さが厳しかったです。

住所:山口県柳井市南町三丁目4-11(Googleマップ
電話:0820-25-1288
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:
メニュー:カレーラーメン(880円)
nice!(3)  コメント(0) 

元祖宇部味噌らぁめん長州屋 東岐波店@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2021_01_18_01.JPG
外観

2021_01_18_02.JPG
メニュー

2021_01_18_03.JPG
メニュー

2021_01_18_04.JPG
カレー味噌らぁめん

カレーラーメンが好きです。
その昔、山口市湯田温泉に「おそ松」と言うラーメン店がありました。
私は社会人になってからはほぼ毎日、ここで夕食をいただいていました。
特にカレーラーメンは絶品でした。
あっさり豚骨ラーメンに、タッパーで保存をしたカレーのルーを溶かして載せます。
今年は山口県内のカレーラーメンを巡ってみようと思います。
まずは宇部市の「元祖宇部味噌らぁめん長州屋 東岐波店」にお伺いをしました。
平日の夜でしたが、満席に近かったです。
支持されているようで、いいことです。
カレー味噌らぁめんのスープはどろどろしています。
味噌にカレーを併せたようなので、カレー感は強くありません。
しかし、どろどろが凄いです。
天下一品」がカレーラーメンを作ると、こうした感じになると思います。
麺は縮れで太く、食べごたえ感があります。
味噌とカレーの組み合わせは珍しいです。
ガッツリ来ます。
面白い。

味噌ラーメン店が作ったカレーラーメンは楽しかったです。

住所:山口県宇部市大字東岐波4896-2(Googleマップ
電話:0836-39-7600
営業時間:午前11時~午後10時
定休日:火曜
メニュー:カレー味噌らぁめん(910円)
nice!(3)  コメント(0) 

北浦中華そば いっかん@山口県山口市 ☆☆ [山口県山口市]

2021_01_17_01.JPG
外観

2021_01_17_02.JPG
メニュー

2021_01_17_03.JPG
説明

2021_01_17_04.JPG
極 百姓庵の塩煮干しそば

2021_01_17_05.JPG
キレ 醤油煮干しそば

妻と山口市の「北浦中華そば いっかん」にお伺いをしました。
普通の「中華そば」ではなく、「北浦中華そば」です。
同店の意気込みを感じます。
昨年8月のオープンで、山口宇部経済新聞に詳しく書かれています
極 百姓庵の塩煮干しそばと、キレ 醤油煮干しそばを注文しました。
まずはどちらもスープの量が少ないです。
意図は分かりませんが、私としてはもう少し多くして欲しいです。
味はどちらも今っぽく、はっきりしています。
麺は中細ストレートで、腰もしっかりしています。
美味しいと思います。
美味しいではなく、思います、です。
美味しいのですが、言い切れません。
昭和の生まれの保守右翼の私は、この美味しさに着いて行っていません。
お兄さんの丁寧な行程、お姉さんの優しい接客。
ずっと拝見していましたが、頭が下がります。
素晴らしいです。
帰る途中にチェーン店の前を通りましたが、結構な入りです。
山口市だけでも結構な数のラーメン店がありますが、いつも同じ店に行く人が多いと思われます。
変化を恐れチャレンジをしない、安定を好む公務員の山口市です。
そうした山口市で、煮干しを使ったラーメンをいただけるのはありがたいです。
山口市に「中華そば 壇」があります。
同じ煮干しを使ったラーメン店ですが、日曜は休みです。
そうなると、「北浦中華そば いっかん」の存在はありがたいです。
やはり、スープの量の少なさが気になります。
防府市の「まるにぼ」を意識しているのでしょうか。

美味しいと思います。

住所:山口県山口市平井1660-10(Googleマップ
電話:083-902-2214
営業時間:午前11時~午後2時(日曜は午後3時)
定休日:日曜、祝日
メニュー:極 百姓庵の塩煮干しそば(700円)、キレ 醤油煮干しそば(700円)
nice!(3)  コメント(2) 

和風 中華そば 丸万@岐阜県岐阜市 ☆☆ [岐阜県岐阜市]

2021_01_12_01.JPG
外観

2021_01_12_02.JPG
メニュー

2021_01_12_03.JPG
中華そば

今朝も山口市は寒いです。
改めて北海道や東北、北陸地方に住んでいる人は凄いと思います…。
私は無理…。
札幌市と那覇市のどちらかに住め、と言われれば、迷わず那覇市。
高校サッカー、留学するのであれば、青森山田より鹿児島実業で頑張りたいです。
まして踊るとなれば、ロシアのコサックダンスより、ブラジルのカーニバルで腰を振ります。
私は47都道府県でご当地のラーメンをいただくという、密かな目標があります。
しかも、できるだけ老舗店で。
岐阜市のご当地ラーメンを調べてみると、「天ぷら中華」なるラーメンがありました。
ということで、「和風 中華そば 丸万」にお伺いです。
しかし、メニューを見るに天ぷら中華はありません。
残念…。
中華そばを注文です。

がっくりしたので味を覚えていません。

住所:岐阜県岐阜市弥生町5(Googleマップ
電話:058-263-2546
営業時間:午前11時~午後2時半
定休日:月曜、木曜、金曜
メニュー:中華そば(550円)
nice!(3)  コメント(0) 

飯田商店(らあめん花月嵐 美東サービスエリア店)@山口県美祢市 ☆☆ [山口県美祢市]

2021_01_08_01.JPG
外観

2021_01_08_02.JPG
メニュー

2021_01_08_03.JPG
しょうゆらぁ麺

昨年12月のこと。
琴平荘」のラーメンが「らあめん花月嵐 美東サービスエリア店」にあると聞いていたので、妻とお伺いをしました。
「琴平荘」については、NHKの「プロフェショナル 仕事の流儀」で知りました。
凄いラーメン店です。
同店の爪の垢を煎じて飲んで欲しいラーメン店があります。
それがまさか山口県でいただけるとは…。
しかし、メニューに「完売」の文字がありました…(驚)。
残念…。
事前にネットで確認をしたのですが…。
この辺りの告知は正確にして欲しいと思います。
仕方がありません。
しかし、「飯田商店」があるので気は取り直せます。
同店の名前だけは知っています。
他のメニューを妻とでシェアをしようと考えましたが…。
ん…、食指が動きません…。
その「飯田商店」のラーメンです。
同店のチラシが置かれています。
それを眺めながらいただくのでとても美味しく感じます。
スープは甘辛く、フードコートでありながらコクを感じます。
麺はストレートで細く、フードコートでありながら腰があります。
私はラーメンド素人なので、よく解りません。
表現もうまくできません。
しかし、美味しかったです。

「らあめん花月嵐 美東サービスエリア店」で名店の味がいただけたことに感謝です。

住所:山口県美祢市美東町真名646 中国自動車道美東サービスエリア上り線(Googleマップ
電話:08396-5-0161
営業時間:午前11時~午後11時
定休日:
メニュー:しょうゆらぁ麺(1,100円)
nice!(5)  コメント(0) 

大阪屋@山口県宇部市 ☆☆ [山口県宇部市]

2021_01_06_01.JPG
外観

2021_01_06_02.JPG
メニュー

2021_01_06_03.JPG
ラーメン

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

昨年、仕事の拠点を宇部市に移しました。
kuro☆ponさんのブログを参考に、ラーメン以外もウロウロしています。
よって年明けラーメンは、「宇部ラーメン」の祖である「大阪屋」にしました。
平日の正午前でしたが、地元の方と思われるご高齢の方で賑わっています。
いいことです。
カウンターの端でラーメンを注文しました。
そのラーメン、スープは豚骨ですが、この日はいつもの濃厚さはありませんでした。
と言ってもあっさりではありません。
臭いも薄かったです。
麺が細かったのに驚きました。
あれ、こんなに細かったっけ…?
腰は弱かったので、私の勘違いかもしれません。
宇部市もラーメン店が増えました。
豚骨は当然、醤油、味噌、塩、鶏、サンマー、そしてカレー等々、行くに困りません。
特に「YUTAKAグループ」が元気です。
そうした中で「大阪屋」のラーメンは埋もれてしまいそうです。
しかし、存在感は変わらないと思いました。
改めて「宇部ラーメン」の祖としての貫禄、もとい、趣きを感じました。
しかも、それがとても控えめなのです。
とても地味です。

これも同店の魅力のひとつでしょう。

住所:山口県宇部市新天町一丁目3-10(Googleマップ
電話:0836-34-5551
営業時間:午前11時~午後3時、午後5時~午後11時
定休日:月曜
メニュー:ラーメン(550円)
nice!(6)  コメント(0)